三重郷土料理 伊勢うどん

実絵子のつくってみりん / グルメ

佐藤実絵子が、お料理教室CHIE7S KITCHEN代表・廣瀬ちえ先生に“べっぴんメニュー”を教えてもらいます!料理上手のポイントはズバリ「みりん」の使い方です。

三重郷土料理 伊勢うどん


Podcast はこちら

**** 材料 2人分 ****


伊勢うどん(または玉うどん)…300g


【タレ】
三州三河みりん…80ml
たまり醤油…35ml
かつお節…2g

あさつき(小口切り)…適量

作り方


① 鍋に三州三河みりんを入れて

火にかけアルコールを飛ばす。

② 火を止めてたまり醤油と
かつお節を加えて

10秒ほどたったら、
すぐにこす。


③ 別の鍋にたっぷりの湯を沸かし、
伊勢うどんをサッとゆでる。


④ 器に伊勢うどんを盛り、
【②】をかけ、
あさつきをかける。

 

<みりんポイント>
アルコールを飛ばしたみりんをタレに使用することで、すっきりとした甘味の芳香なタレに仕上がります。

<三重郷土料理 伊勢うどん>
伊勢うどんは長時間やわらかく煮た極太のうどんに、たまり醤油やかつお節やいりこなどのだし汁を加えた、濃厚でやや甘めのつゆをからめたうどんです。江戸時代以前から伊勢周辺の農民が食べていた地味噌のたまりをつけたうどんを、だし汁を加えて食べやすくしたのが伊勢うどんのはじまりと言われ、現在でも地元の家庭では日常食として愛されています。


実絵子さん

かつおだしの香りがきいていて、おいしいです!お店で食べた伊勢うどんのようですね。みりんが入ったつゆは、どんな料理にも使えそうな万能つゆですね!

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×