生春巻梅肉みりんソース

実絵子のつくってみりん / グルメ

佐藤実絵子が、お料理教室CHIE7S KITCHEN代表・廣瀬ちえ先生に“べっぴんメニュー”を教えてもらいます!料理上手のポイントはズバリ「みりん」の使い方です。

生春巻梅肉みりんソース

Podcast はこちら

*** 材料 4人分 ****


長芋…80g

アボカド…1/2個
大葉…4枚
キャベツ…80g
レモン果汁…適量
塩麹…小さじ1
生春巻の皮(大サイズ)…4枚

【梅肉みりんソース】
〔作りやすい分量:約8人分〕


 梅干し(中サイズ)…2個
 三州三河みりん(煮切る)…小さじ2
 スイートチリソース…小さじ1
 だし汁…大さじ1

※「煮切りみりん」は、みりんを小鍋に入れて火にかけ、半量になるまで煮詰めたものです。

作り方

① 長芋は1㎝角の棒状に切る。
アボカドは種を取って皮をむき、
同様に1㎝幅の棒状に切り、

レモン果汁をかける。
大葉は軸を取り除き、縦半分に切る。
キャベツは千切りしてボウルに入れ、
塩麹を加えてしんなりさせる。


② 生春巻の皮を水に20~30秒ほど浸して
そのままの状態でまな板の上におき、

【①】の野菜を包む。


③ 梅肉みりんソースを作る。
梅干しは種を取って包丁でたたく。
ボウルに
Aの材料を入れて混ぜ合わせる。


④ 器に【②】を盛り、
【③】のソースをかけて頂く。

<みりんポイント>
梅肉ソースにみりんを加えることで、上品な甘さで深みのある味に仕上がり、シンプルな野菜の味を引き立てます。


実絵子さん

みりん効果で、梅干しの酸味がマイルドになり食べやすいソースになっています。生春巻き全体もまとまっていて、さっぱり頂ける一品です。

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×