筍の南蛮酢

実絵子のつくってみりん / グルメ

佐藤実絵子が、お料理教室CHIE7S KITCHEN代表・廣瀬ちえ先生に“べっぴんメニュー”を教えてもらいます!料理上手のポイントはズバリ「みりん」の使い方です。

筍の南蛮酢

Podcast はこちら

**** 材料4人分 ****


筍(水煮)…200g

ごま油…大さじ1

A
 白ねぎ…1本
 薄口醤油…大さじ1と1/2
 三州三河みりん…大さじ2と1/2
 酢…大さじ2と1/2
 水…150ml
 鷹の爪…1/3本

木の芽…適量

作り方

① 筍は先の部分は放射状に1.5㎝幅に切る。
下の部分は1㎝幅に切る。

白ねぎは4㎝幅に切る。
鷹の爪は種を取って輪切りにする。


② 鍋にAの材料を入れて火にかけ、

沸騰したら3~4分煮立たせる。


③ フライパンにごま油を入れて火にかけ、
筍を加えて両面こんがり焼く。


④【②】に【③】を加え、30分漬ける。


⑤ 器に筍と白ねぎを盛り、木の芽を添える。
 

<みりんポイント>
南蛮酢にみりんを使用することで、上品な甘さになり、また筍の旨味を引き立てます。


実絵子さん

思ったより酸っぱさを感じず、筍の旨味をしっかりと感じます。まさに春を感じられるさわやかな一品です。

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×