実絵子のつくってみりん

にんじんご飯

佐藤実絵子が、お料理教室CHIE7S KITCHEN代表・廣瀬ちえ先生に“べっぴんメニュー”を教えてもらいます!料理上手のポイントはズバリ「みりん」の使い方です。

にんじんご飯

Podcast はこちら

**** 材料 6人分 ****


米…2合

水…360ml

にんじん…100g
鶏もも肉…100g
しいたけ…3枚
こんにゃく…50g
油揚げ…1/2枚


薄口醤油…大さじ1
濃口醤油…大さじ1と1/2
三州三河みりん…大さじ2と1/2
だし汁…100ml

あさつき…適量

 

作り方

① 米を洗う。
水と一緒に炊飯釜入れて
30分以上浸水し、炊飯する。



② にんじんは短い短冊切りにする。

鶏もも肉は一口大に切る。
しいたけは軸を取り除き、
食べやすい大きさに切る。
こんにゃくと油揚げも
食べやすい大きさに切る。



③ 鍋にAの材料を入れて火にかける。
沸騰したら【②】の食材を入れ、
ふたをして10分程度煮る。
少し水分が残っている状態で火を止める。


④ 炊きあがった【①】のご飯に
【③】を煮汁ごと加え、
混ぜ合わせる。


⑤【④】を器に盛る。
あさつきを小口切りにして散らす。


<みりんポイント>
みりんを加えて作る混ぜご飯は、やさしい甘みで上品な味に仕上がります。甘辛い味付けは、お米との相性も抜群です。また鶏肉を入れることで旨味が増し、より美味しくなります。

<愛知の郷土料理 にんじんご飯>
にんじんをたっぷり入れた五目ご飯は、愛知県三河地方では寄り合いや法事など、人が大勢集まる際に昔から作られてきました。にんじんの産地として有名な三河地方ならではの料理です。


実絵子さん

みりん効果で、にんじんに味がしっかりと入って、しかも、にんじんの甘みや旨みも引き立っています。見た目も華やぎますので、お祝いの時などに出したい一品ですね。

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報