愛知の郷土料理 酢味噌そうめん

実絵子のつくってみりん / グルメ

佐藤実絵子が、お料理教室CHIE7S KITCHEN代表・廣瀬ちえ先生に“べっぴんメニュー”を教えてもらいます!料理上手のポイントはズバリ「みりん」の使い方です。

愛知の郷土料理 酢味噌そうめん

Podcast はこちら
 
**** 材料 2人分 ****
そうめん…2杷

豆味噌…大さじ1と1/2
三州三河みりん…大さじ3
酢…大さじ1/2

きゅうり…1/2本
大葉…4枚
みょうが…1個
ごま…小さじ1

作り方


① きゅうりは千切りにする。

大葉は軸を取り除き、
千切りにする。
みょうがは縦半分に切り、
斜め薄切りにする。

② 酢味噌を作る。

鍋に三州三河みりんを入れて火にかけ、
アルコールを飛ばす。

豆味噌を加えて溶かし、
酢を加えて混ぜ合わせる。


③ 別の鍋にたっぷりの湯(分量外)を沸かして
そうめんを茹で、冷水でしめる。

④ 器に【③】を盛り、【②】をかける。
きゅうり・大葉・みょうがを添え、
ごまを振りかける。
 

<みりんポイント>
みりんのやさしい甘味が、味噌だれの味をまろやかにします。コクがありつつ、さっぱりとした仕上がりになります。

<愛知の郷土料理 酢味噌そうめん>
愛知県では暑さに体が慣れないこの時季、甘酸っぱい味噌だれを冷たいそうめんに混ぜた「酢味噌そうめん」が昔から食されてきました。酢味噌は和え物やぬたなどに使われることが多いのですが、麺にかけるのはこの地方特有の食べ方です。

実絵子さん

私、愛知県民ですが初体験です...おいしい!お味噌とそうめんがこんなに合うんですね!みりん効果で、さっぱりとした甘みに仕上がるので、夏の暑い時期にぴったりですね!

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×