みりんの紫蘇シャーベット

実絵子のつくってみりん / グルメ

佐藤実絵子が、お料理教室CHIE7S KITCHEN代表・廣瀬ちえ先生に“べっぴんメニュー”を教えてもらいます!料理上手のポイントはズバリ「みりん」の使い方です。

みりんの紫蘇シャーベット

Podcast はこちら

**** 材料8人分 出来上がり量600g ****

赤紫蘇の葉…50g
水…500ml
三州三河みりん(煮切る)…200g
りんごジュース…100ml
酢…大さじ1/2
レモン果汁…小さじ1/2

ミント…4枚

※「煮切りみりん」は、みりんを小鍋に入れて火にかけ、半量になるまで煮詰めたものです。

作り方

① 赤紫蘇の葉を水でよく洗う。
鍋に水を入れて中火にかけて沸騰させ、
赤紫蘇を入れて10分煮出す。


②【①】をざるで濾してボウルに入れる。

りんごジュース・煮切りみりん・
酢・レモン果汁を加えて混ぜ合わせ、
粗熱を取る。


③【②】をフリーザーバッグに入れ、
冷凍庫で凍らせる。
7割ほど凍ったら手でざっくりほぐし、
再度凍らせる。


④【③】を器に盛り、ミントを添える。

<みりんポイント>
みりんのやさしい甘さで、さっぱりした味わいのシャーベットに仕上がります。

実絵子さん

口に入れると、ほんのり紫蘇の香りがぬけて、みりんの甘みでさっぱりしたシャーベットです。色も鮮やかで、見た目も涼しげな一品ですね。

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×