多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

超ふわっふわぁ!炒り卵のスープ

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

1月19日のレシピは簡単短時間レシピ「炒り卵のスープ」です。
レパートリーにするととっても便利!
ぜひお試しいただきたい一品です。

[この番組の画像一覧を見る]

具材は準備万端に!

【A】の材料の卵4個を菜箸で溶きほぐし、水大さじ4を加えて混ぜます。
 
【B】の材料の淡口醤油大さじ1と酒大さじ1をあわせておきます。

【C】のカニカマ50gはほぐし、カイワレ菜1パックは根を切り落とします。
えのき100gも石づきを切り落とし、半分に切ってパラパラにしておきます。

・片栗粉大さじ1、水大さじ2で水溶き片栗粉を作っておきます。
・お湯4カップに鶏がらスープの素小さじ2を溶いたものをつくります。

一つのフライパンで一気に料理!

炒め鍋を熱し、油大さじ3を入れ、強火で熱し、熱くなったら【A】を回し入れ、大きな炒り卵を作ります(お玉でひっくり返しながら、作ると良いです)。



卵の全面にうすい焼き色を付け、【B】を回し入れ、さらに大きく混ぜ、卵を香ばしく焼きます。



そこにお湯4カップに鶏がらスープの素小さじ2を溶いておいたものを入れます。



煮立ってきたら、淡口醤油大さじ1、胡椒適宜を入れます。
味見して、味が薄ければ、淡口醤油を追加します。



グツグツ煮立っているところに、水溶き片栗粉を入れ、とろみをつけます。



【C】を散らし入れて、サッと混ぜて、火を止めてます。



器に盛って完成です。

シンプルなのにとっても美味しい!

桐生「固くなくてふわっとしてますね!」
関先生「そう!お水を使ってるから!簡単でおススメです」
桐生「味付けシンプルですけど、おいしいですね!」
関先生「淡口醤油使ってるからシンプルで美味しいんです!」
桐生「中華風でもあり、和風でもありっていう感じですね!」

*ご飯と混ぜ合わせてもおいしいです。さらにチーズを入れると
 リゾットのようになります。

*卵を入れた後、一気に工程が進むので、
 鍋の周りには具材や調味料などを置いておきましょう。
(ベルセルク太郎)
 

材料(4人分)

【A】
・卵 4個
・水 大さじ4

油 大さじ3

【B】
・淡口醤油 大さじ1
・酒    大さじ1

お湯(蛇口からでるもので構いません) 4カップ

鶏がらスープの素 小さじ2

淡口醤油 大さじ1~

胡椒 適宜

水溶き片栗粉
・片栗粉 大さじ1
・水   大さじ2

【C】
・カニカマ 50g
・カイワレ菜 1パック
・えのき  100g(1/2袋)

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2021年01月19日08時32分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報