太田忠司『ミート・ザ・ジャンパーズ!』

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N / カルチャー
★内容紹介
・平均年齢が70歳近いという名古屋のアマチュアバンド、ジャンパーズ。
 グループサウンズがブームだった時代に結成され、デビューの話もあったが
 結局アマチュアのまま名古屋で活動を続けて50年。懐かしのナンバーにファンも多い。
 しかし唯一の活動場所だったライブハウスが閉まることに……。
 ジャンパーズのドラマーの孫息子の視点で、なぜ彼らは続けるのか、
 それを見た孫息子は何を思うのかを綴った、家族小説にして永遠の青春小説。

★今回は太田さんがゲストということでインタビュー!
1)なぜ「おじいちゃんのアマチュアバンド」の話を書こうと思った?
太田:2年前にジムでランニング中、イメージが頭に降りてきた。
   作家は24時間仕事。私の場合はイメージが絵で降りてきます。
   まるで映画の予告編のように出てきました。
   若い頃からずっと続けてきたおじいちゃんバンド。
   なぜこのメンバーは辞めなかったのか?
   バンドに限らず普遍的な話です。
2)舞台が名古屋。先週紹介したユトリロは名古屋飯の話だったが、
  太田さんの作品は名古屋を舞台にしたものが多い。
太田:今回は名古屋に限らない普遍的な話だが、なぜ名古屋?
   逆になぜ名古屋ではいけないのか?
   地名には3つのパターンがある。
   ①実際の地名、②架空の地名、③地名をぼやかす
   地名をぼやかすとやはり東京に思われてしまう。
   一極集中の弊害。
   やはり普通な話を名古屋を舞台に書きたかった。
3)名古屋を舞台にするとき、特に心がけていることはある? 難しいことは?
太田:下手なことを書くと起こられる。本来はミステリー作家。
   結構残虐なシーンもあり、○○の家の敷地で殺人事件とか書くと・・・。
   昔、山崎川で殺人シーンを書いたこともある。
   その辺のサジ加減が難しいですね。

太田忠司『ミート・ザ・ジャンパーズ!』

光文社から1728円で販売中です。
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×