平岩弓枝「御宿かわせみ ミステリ傑作選」

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N / カルチャー
★内容紹介
・「御宿かわせみ」は日本を代表する時代小説のロングランシリーズ。
・連載が始まったのは1973年。それから45年、現在も続いている。
 もともとの「御宿かわせみ」と、子供たちに代替わりして明治が舞台の
 「新・御宿かわせみ」は合わせて300話以上。40巻を超え、ドラマ化・舞台化も多い。
・舞台は、江戸の大川(今の隅田川)のほとりにある旅籠、かわせみ。
 そこを訪れる人が持ち込む事件や厄介ごとを、女主人のるいと、彼女を取り巻く
 人々が解決するというグランドホテル形式の人情時代小説で、同時に、
 登場人物が結婚したり家族が増えたり子どもが成長したりという大河小説でもある。
・かわせみの魅力は、人情、江戸情緒、人間模様の変化などが挙げられることが
 多いが、実はもともと捕物帳として始まり、ミステリとしてとてもレベルが高い。
 そこで今回、大矢さんが、特にミステリとして優れている作品を7作厳選して、
 一冊にまとめた。

★ミステリとしての読みどころ
 1)主人公のるいはもともと八丁堀同心の娘。恋人でのちに夫となる神林東吾は
   奉行所与力の弟。東吾の親友の源三郎は現在の定廻り同心(警察官)。
   かわせみの奉公人も、父親の同心時代からの奉公人で事件には慣れてる。
 2)旅籠を舞台にすることで、いろいろな事件が扱える。
   お客さんが盗難事件に逢うこともあれば、侍の側室と子供を匿ったりもする。
   庶民の些細な行き違いから武家の事件までバラエティ豊か。
 3)初期のものから、子ども世代に変わったものまで時代を追って選んだので
   主人公が独身から結婚して、その子どもが成長してという変化も一冊で楽しめる。
・しかも巻末に平岩さんのインタビュー付き! 実はミステリや捕物帳に
 興味がなかったという平岩さんが、なぜこんなミステリを書けたのかに迫ります。

平岩弓枝さんの「御宿かわせみ ミステリ傑作選」

文春文庫から745円で販売中です。

 
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×