麻宮ゆり子『碧(みどり)と花電車の街』

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N / カルチャー
★内容紹介
昭和34年、碧(みどり)は14歳の中学生。
大須の長屋に母親とふたり暮らし。

その頃の大須はまだ電気街ではなく、映画館が立ち並んでいた。
近所との交流も厚く、碧の周囲にはさまざまなタイプの大人達がいて、
碧が片親なのをからかわれたときは大須の人が庇ってくれたり、
みんなで伊勢湾台風を乗りきったりしながら、
碧は少しずつ成長していく。


★読みどころ
なんともいっても大須の描写!
主人公は大須を「ごった煮の街」と表現する。ごった煮、というのが
この物語のキーワード。
・名前は変えてあるけれど、
 誰が読んでもわかるモデルになった店が登場する。


麻宮(まみや)ゆり子『碧(みどり)と花電車の街』

双葉社から1728円で販売中です。
 
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×