悪い夢なら覚めてほしい。睡眠不足ならぬ「睡眠負債」とは?

丹野みどりのよりどりっ! / ライフ・ヘルスケア

5月16日『丹野みどりのよりどりっ!』「オトナのクリニック」では睡眠について取り上げました。

睡眠が注目されてきたきっかけから現在の日本人の睡眠の状況まで、名古屋市立大学病院睡眠医療センター長の中山明峰先生に伺います。

薬で眠れればいいのか?

中山先生は名古屋市立大学病院の耳鼻咽喉科の准教授で、2011年に病院内に睡眠医療センターができると同時にセンター長に就任しました。いわば「眠りの専門家」です。
この睡眠医療センターというのはどういうところなんでしょうか?

「実は全ての医者が、何らかの形で睡眠には関わっているんです。しかしながら睡眠のみ扱う専門施設というのはそれほど多くはありません」

確かに、睡眠に悩みを抱えていたとしても、何科に行けばいいんだろう?となります。

「一番多いのは不眠ですが、どの医者も不眠の薬を出します。とは言え不眠というのは浅い方、深い方、いろんな方がいらっしゃる中で、薬も安易に出すのはどうか?と思われるようになってきたわけです」

新幹線の事故がきっかけ

「実は、昔から不眠というのあったんですが、この睡眠の専門センターができた一つの最大の理由は、2003年に、新幹線の運転手が居眠りをしたという事故でした。これをきっかけに国内で睡眠が医療的に注目され、そこから専門施設がたくさんできたわけです」

この2003年に起きた事故は、JR西日本の山陽新幹線においてです。
新幹線の運転士が居眠りをしたまま時速270キロで8分間走行。岡山駅の100メートル手前にあるATC(自動列車制御装置)の作動で停止し、けが人はありませんでした。運転士は睡眠時無呼吸症候群でした。

「私たちは、かつては睡眠を大事にしてたんですが、今の社会は睡眠を粗末にしやすいという問題があります」

確かに、眠いからといって医者にかかる人は少ないでしょう。風邪などの病気でかかりつけの医者を受診したついでに、眠けを訴えるぐらいだと思います。

「睡眠にまつわることは、なるべく解決できるように努力しているのですが、何しろこの睡眠という病気は奥が深すぎるんです。少ない人数で、全て解決できるとは思っておりませんが、少なくとも皆さんの駆け込み寺ではあるようにと思っております」

外人から見た日本人の睡眠

「よく外人の友達だちに『日本人って寝てないことを自慢するよね』と言われます」と中山先生。

海外では、睡眠時間を削って仕事をする人は「能力がない」と言われるそうです。

「睡眠は我々の身体の充電の時間です。充電を粗末にすると、例えばスマホでも駄目になるのが早くなります。充電は大事です。粗末にしてはいけません」

日本人の眠りについて、外人の目でもう一つ気になるのが電車の中で眠ることだそうです。日本が非常に安全な社会だといえますが、眠りの観点からはまた別。

「十分に寝た人って昼間は眠くないんですね。ですから、どうして日本人って、昼間に眠い人がこんなにいっぱいいるの?ってよく聞かれますね」

睡眠の重要性

「大人でしたら、国際基準で7時間寝ないとダメなんです。しかし、実際7時間寝ている大人は少ないと思います。皆さんのお話を聞くと、よくて6時間、4~5時間ですと言う方がたくさんおられますね」

中山先生の一番の懸念はこどもへの影響だそうです。大人の行動は、当然こどもにも影響してきます。

「1日7時間寝るとしたら親も11時に寝ないといけないんです。ところが、実際11時になかなか家族が全部消灯してることはありません。ましてや、こどもは9時間ぐらい睡眠が必要なんです。しかし、いま日本のこどもの睡眠時間は世界のワースト3に入っています」

睡眠不足ならぬ睡眠負債とは?

厚生労働省が毎年実施している「国民栄養・健康調査」によれば、一日の平均睡眠時間「6時間未満」の人は2007年には28.4パーセントだったのが、2015年には39.5パーセントに上昇しています。

逆に平均睡眠時間「7時間以上」の人は33.8パーセントから26.5パーセントに低下。データで見ても日本人の睡眠時間は徐々に少なくなってきています。

「単に睡眠不足で~みたいな、睡眠不足を自慢しがちという、そんなテイストではなくて、本当に、これは健康上よくないんですね?」と丹野。

「ものすごくよくないですね。今まで何が悪いかということを言う専門家がいなかったんです。昨年『睡眠負債』という言葉が流行語大賞に選ばれました。睡眠不足は借金のように溜まっていって、身体を悪くしていくことがわかってきたんです」

一日で見れば少しの睡眠不足も、蓄積すれば身体を悪くするなんて恐ろしい話です。悪い夢なら覚めてほしいですね。
(尾関)
この記事をradikoで聴く

2018年05月16日16時33分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×