~3/28~関富子先生のレシピ

丹野みどりのよりどりっ!
大好評!関富子先生のレシピ♪

3月のテーマは・・・
『 春を味わう早春料理 』


今日は…
【 大豆の山椒煮 



 材料 

・大豆(水煮) 100g
・豚バラ(ブロック) 100g
・人参 1/2本
・コンニャク 1/2丁
・だし昆布 15cm
・ネギ 1/2本
・油 大さじ2
・赤唐辛子 1本~
・水 2カップ

A・鶏ガラスープの素 大さじ1/2
 ・淡口醤油 大さじ1・1/2~
 ・砂糖 大さじ1~
 ・酢 大さじ1
 ・酒 大さじ1
 ・胡椒 少々
 ・粉山椒 小さじ1~


 作り方 

①豚のバラ肉、人参は、
 大豆より少し大きくサイコロ状に切る。
 コンニャクは塩もみし、塩気を流し角切りにする。
 出汁昆布は水でもどし柔らかくし、角切り。
 ネギは小口切りにする。
 赤唐辛子は種を取り5mm幅に切る。

②フライパンか炒め鍋に油を入れ、
 赤唐辛子を入れて弱火で炒める。
 唐辛子の色がくすんで、
 ツーンとした辛みが出てきたところに、
 豚のバラ肉を入れる。
 灰汁止めとして、色が白っぽくなるまで炒める。

③豚肉が白っぽくなったところで、
 水煮大豆とニンジン、コンニャク、
 出汁昆布、ネギを入れて炒める。

④材料に油がなじんだら、
 水2カップを入れて沸騰させ、灰汁を取る。
 鶏がらスープの素大さじ半分、
 淡口醤油大さじ1杯半、砂糖大さじ1、
 酢大さじ1、酒大さじ1、
 胡椒、粉山椒小さじ1を入れて、
 水気がなくなるまで、
 ときどき混ぜながら煮こむ。
 できあがり。

*好みで茹でたサヤインゲンを
 小口切りにして散らしてもよい。
*具材を鶏やタケノコ、ゴボウなどに変えてもよい。
*鶏がらベースの出汁が山椒と合う。


 ぜひぜひお試しあれ~~♪♪




プレゼントのお知らせ

ヒガシマル醤油の

「超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇」

400ミリリットル1本と、

うすくち醤油のレシピを1冊にまとめた料理本

「淡口しょうゆ ほんのり、うれしい」

をセットにして 毎月10名様プレゼント!



ご希望の方はこのコーナーへの感想と

「淡口しょうゆ」希望とお書きの上、

丹野みどりのよりどりっ!

メールフォーム

またはファックスでお送り下さい!


お待ちしております!

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×