秋を先取り!岐阜県美濃加茂市の梨狩りスポット

レポドラ日記

岐阜県美濃加茂市に行ってきました。

昼間は暑かったですが、中継中は雲が出てきて過ごしやすい気候でした。

今回訪れた美濃加茂市山之上町は、岐阜県有数の梨の産地。
山之上果実農業協同組合では、梨狩りが楽しめます。

予約不要で、その日ベストの農園へ

お話を伺ったのは、梨農家の福井富美枝さんです。



山之上果実農業協同組合は、1951年(昭和26年)から梨狩りを行っているそうです。

現在は126軒の梨農家さんが組合に加盟していて、そのうち5軒が梨狩りが出来るように果樹園を開放しています。

梨狩りの予約は不要で、組合の窓口でもある「フルーピア山之上」で受付をすると、その日最も良い梨畑に案内してもらえます。



今回案内してもらったのは、福井さんが育てた梨が食べられる「福美農園」です。



福美農園の梨狩りは時期によって2種類が楽しめて、8月までは「幸水」、9月から10月上旬までは「二十世紀」。

幸水はとにかく甘くてみずみずしいのが特徴で、二十世紀はサイズが大きくて甘みと水分が程よくさっぱりしているんです。

取材したのは8月でしたが、特別に二十世紀を狩らせていただきました。

こちらが二十世紀の梨畑!!



どこまで続いているの!?と思うほどの広さです。

梨って実に袋を被せていますよね?
これは袋に防虫効果があるというのと、病気にならないよう梨を守る効果もあるんだとか。

身長165センチの私ですが、頭の高さに梨があるので、大人なら脚立を使わずとも梨狩りができそうです。

こんなに梨がなっていると、どれを選べばいいかわからない…
と思いましたが、「袋がパンパンになっているものの方が食べ応えがあって良いですよ」とアドバイスを受けました。

これなんてパンパンで袋が破れそう‼



この子を狩ることにしました。

狩る時はハサミで切るのかと思いきや…梨を持ち上げて、右か左に「くいっ」とすると軸が折れて実がとれるそうです。
私もやってみましたが、力を入れなくても簡単に狩ることが出来ましたよ。



ゲットだぜ!

ずっしり重くてソフトボールくらい大きさでした。

お子さんが簡単に狩れるのも人気の理由の一つ。
果物ナイフと容器を貸してもらえるので、あとは皮をむいて食べるだけ。



甘さは控えめでしたが、その分梨の味が濃くてとってもおいしい!!
ジューシーで後味も爽やかでした。

福井さんも二十世紀が大好きだそうで、今年初めての二十世紀を食べて「幸せ~」とひと言。
作られた方も思わず絶賛する梨、ぜひみなさんもいかがでしょう?

梨の美味しい食べ方は、冷蔵庫で2時間冷やしてから食べるのがおすすめだそうです。
さすがに梨狩りでは冷蔵庫は持参できないので、クーラーボックスに氷を入れて持ってくる方もいらっしゃるんだとか。

福美農園では梨狩りだけでなく、販売もされています。



こちらも9月からは「二十世紀」を販売しています。

ちなみに日本の梨は皮の色の違いなどから、「赤梨」と「青梨」に分けられるそうですが、赤梨と比べ整った形をしている二十世紀は「青梨」です。



福美農園は約20種類の梨を作っていて、時期によってそのうちの約8種類を購入できます。

皆さんも美濃加茂市で梨狩りを楽しみませんか?
(CBCラジオレポートドライバー 山本衿奈)
山之上果実農業協同組合(梨狩り)
美濃加茂市山之上町1093-78
TEL:0574-25-4101

大人 1,000円/小学生 800円/幼児 600円
※いずれも食べ放題
営業時間 9:00~15:00
この記事をradikoで聴く

2019年08月29日16時45分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×