レポドラ日記

名古屋の地で50年!阪神ファンが集う「虎処 飛騨」

ドラ魂KING
「エンタメライン with レポドラ」
CBCレポートドライバーが東海地方の各地から、
気になる身近な話題をちょこちょこ拾って紹介していきます(o^ ^o)💕

[この番組の画像一覧を見る]

名古屋市中区の「虎処 飛騨」。
お店の“虎”の文字からもわかるように、阪神ファンの集まるお店です。



店内は真っ黄色で縞々でガオーな空間。





特にナゴヤドームでゲームがある日には、ファンでいっぱいになるそう。

中継で出演いただいたのは店長の池田さん・マリオさん・せらさん。

店長の池田さんは生まれも育ちも愛知県ですが、お母さんや母方の祖父の影響でずっと阪神ファン。
現在はファームの本拠地となったナゴヤ球場で、よく阪神-中日戦を見ていたんだとか。
今でも年に数回は甲子園に足を運ぶそうです。

今年のタイガースは矢野監督に代わって1年目。
「近本や木浪など若手が出てきたのは大きいなあ…」と感慨深げです。

「正直、昨年のドラフトの時には、どうしてこの選手を選んだの?と思っていたけど、今は正解だった!盗塁も増えたのはよかったが、やはり4番が打てる長距離砲がいないのが課題」と語ります。

そしてなんといっても、鳥谷問題!
「球団の功労者に対してこのような扱いをするのは良くない!CSで活躍する鳥谷の姿が見たい!」と熱い話も飛び出しました。

一方、同じく今年から首脳陣が刷新されたドラゴンズに対しては…?

世代的には、監督・コーチはみんな知っているメンバーだそうで「投手陣も揃ってきていて、よく頑張っているなぁ」という印象とのことでした。
そして…
ドラゴンズは活躍する外国人選手を獲得するのが上手い!阪神はいい外国人選手を獲得できないのも課題。打てる4番打者が欲しいので、中日・ヤクルト・DeNAのスカウトの方をぜひ引き抜いてほしい!!」と…(笑)

中継の5分間では収まりきらない、濃ゆい話をたっぷり伺いました。



スタジオの大谷ノブ彦さんからは「お店の中で他球団のファン同士喧嘩しないですか?」との質問。

「うちのお客さんはマナーが大変よくて…また”相手あっての野球”ですからね」

と偉大な名言を残してくださった店長。

勝っても負けても話に華が咲く「虎処 飛騨」なのです。



この「虎処 飛騨」は来年11月になんと50周年を迎えるそうです。
これからも名古屋の阪神ファン、野球ファンのために憩いの場であり続けてください。



清水藍(CBCラジオレポートドライバー )
虎処 飛騨
名古屋市中区栄4-5-19
関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報