大矢真那のホームタウン

元SKE大矢真那は見た!?芸能界で天狗になる人

あなたの周りに「あ、この人天狗になってるな」と思う人はいませんか?
イヤな奴と思われがちですが、元SK48のE大矢真那は意外な印象を持っていました。

7月20日放送の『大矢真那のホームタウン』では元アイドルだから言える「天狗」についての意見を述べました。

芸能界で”天狗”になった人は可愛い?

すぐ調子に乗ってしまうというリスナーから「芸能界で天狗になったことはありますか?」という質問がありました。

天狗にならないように気をつけていたそうですが、人間観察そのものが好きと語る大矢。芸能界に限らず、地位やポジションが上がった人が人間的に様変わりすることを数々目の当たりにしてきたそうです。

そういう人たちをつぶさに眺め、こどもっぽく自制心がないところが逆に率直で可愛いと感じるなど、わりかし好意的に見つめてきたのだとか。

自分も周りも誰も注意せず、調子に乗った本人はむしろ自信がついて堂々とするそうです。

というのも芸能界は基本的に調子に乗ったほうが良い世界なので、パフォーマンスが一気に良くなり、いいステージをすることも少なくないとか。
 

辛いものを克服!唐辛子好きに

回鍋肉の辛さが好みのリスナーから「好きなピリ辛料理は?」という質問が寄せられました。

最近、突如として辛いものが好きになったという大矢。
いつの間にかキムチも食べられるようになったので、辛さで有名なラーメン屋「中本」にも行ってみたら「めっちゃ辛くてめっちゃ美味しかった!」のだそう。

一転して辛党になった大矢は、味噌に一味唐辛子をかけるようになったし、回鍋肉くらいならもはや甘いと感じるとか。
とはいえ、カレーは未だに甘いバターチキンカレーが好みだそう。
真の辛党まであと一歩というところでしょうか。

また、北海道にツーリングに行ってきたというリスナーから「珍しいものを食べましたか?」という質問。

最近の好物はうにで、うにが載っている焼き肉や、うにのパスタ、うにのリゾットが好きとか。
また、リスナーが北海道で食べた蕎麦のジェラートが食べてみたい!と興奮する大矢です。
 

訪れたい世界遺産はどこ?

続いて、近所の古墳群が世界遺産候補に推薦されたというリスナーから「行ってみたい世界遺産はありますか?」という質問。

大矢はスペインの建築家アントニ・ガウディが設計した未完の大聖堂「サグラダ・ファミリア」に行ってみたいそうです。

海外旅行はこれまで食べ物、買い物メインだったという大矢。
観光地をゆっくり回ることが出来ず、世界遺産に行きたいという気持ちの余裕がなかったそうです。

また、インドの世界遺産「タージ・マハル」にも心惹かれるそう。
世界遺産について授業でもっと学べば良かったと後悔や、いつも食べ物と買い物ばかり調べる自分にに反省模様。

2026年にとうとう150年の時を経て完成するサグラダ・ファミリア。技術の進歩により完成が少し早まったそうです。

「あと7年後!35歳かぁ、何してるんだろう…」

としばし思いを馳せた大矢でした。
(nachtm)

セットリスト:ペンギンラッシュ「RET」
 
大矢真那のホームタウン
この記事をで聴く

2019年07月20日21時33分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報