大矢真那ならではの推しグッズ?あると便利なもの

大矢真那のホームタウン / エンタメ

SKE48を卒業した大矢真那がパーソナリティを務めるラジオ番組『大矢真那のホームタウン』。
今回は11月17日の放送から紹介します。

時代の発達とともに快適な生活が出来ている私たちの毎日ですが、便利が故になくなってしまったと感じるものとは一体…?

ポテトチップス

まずは「あると便利なこと・もの」をテーマに、リスナーから募集したお便りを紹介します。

まずはこちらのメッセージから。

「ポテトチップスを食べる際に使う、専用のトングが便利ですよ。手が汚れないので、本を読んだりその手でそのままスマホをいじっても大丈夫です」(Aさん)

スマホの画面が汚れるからという理由で、一部のスナック菓子が売り上げを下げてしまったことが話題となっていますが、専用のトングがあるそうです。
通常のトングよりも小さめに出来ているので、袋にもスムーズに入りやすく工夫されており、最近だと100円ショップでも購入可能だそうですよ。

大矢「私もポテトチップスを食べる時は指が汚れるのが嫌で、手では食べません。実はこのトングも前に頂いたことがあるのですが、結局は箸でいいやって思っちゃったなあ。ポテトチップスの一つ一つを定めたい人はトングで、適当に入れて食べたい人はお箸がいいのかも」

一度使うと手放せないポテトチップスのトング、ぜひみなさんもお試しあれ。
 

便利だけど…

続いては私たちが毎日触れる、あの機械。

「私が便利だと思うのはやっぱりスマホです。昔は、外出先での連絡手段といえばポケベルか公衆電話しかなかったため、私は公衆電話の長い行列に並んだ覚えがあります。また、今はSuicaやmanacaなどの交通系電子マネーもあり、こちらもとても便利ですよね」(Bさん)

誰しもが当たり前のように持っているスマホや電子マネーカードも、今はなくてはならない存在となりましたね。

大矢「交通系の電子マネーが普及したことで、改札もスムーズに入れたり、すぐにジュースが買えたりと、とても便利ですよね。でも、昔みたいに地元の駅で券売機に並んでいる時に友人に遭遇したりなんていう偶然もなくなっちゃいましたね」

確かに、他にもスマホやSNSなどの発達により人と人との直接的なコミュニケーションは減ってしまったように思います。

大矢「実はそういう偶然が好きだったりするので、ちょっと寂しい時もありますね。でも、時間の短縮や精算などの効率化や考えるとやっぱり便利だから…複雑ですよね」
 

新・三種の神器!?

最後はコマーシャルでもよく見かける便利グッズ。

「私が便利だと思うのは、お掃除ロボット、乾燥機付きの洗濯機、食洗機です。
今や時短家電、新しい三種の神器なんて呼ばれているそうですよ。私も毎日の生活の中でかなり助けられています」(Cさん)

大矢「家電大好きなので、どれも気になります!特に女性は髪が長く、落ちると結構目立つので、そこに反応してくれるお掃除ロボットは便利ですよね。乾燥機付きの洗濯機も欲しいけど、結構いい値段しますね…。

私は家電の中なら、風力の強いドライヤーが欲しいなって思います。あとは最近テレビで見た、オムレツをふわふわに作ってくれる機械も気になります!」

こちらは卵と調味料を流し込むだけで、ふわふわのオムレツを作ってくれるという話題の機械。
ズボラで食いしん坊の大矢にぴったりです。
 

大きなハサミ

ここで大矢による便利だと思う物を紹介。

大矢「私は焼肉屋さんにある、大きいお肉を切るハサミが便利だと思います!初めて見た時はこんなに大きいハサミでいいのかなって思ったんですが、今やなくてはならない必需品です」

確かに、これでお肉を切るの!?っていうくらい普通のハサミが出てきて衝撃的だった記憶があります。

大矢「大きなハサミを見たことがない人は、ぜひ大きいお肉を頼んでみてください。びっくりしますよ!そして今後の焼肉会には欠かせないものとなること、間違いなしですよ!」

食べ物の中でも大好きな焼肉の話題は欠かさない、大矢のプレゼンでした。
(ゆうつん)
 

♪11/17 セットリスト

M1  オシャレ大作戦 - ネクライトーキー
 
この記事をradikoで聴く

2018年11月17日19時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×