大矢真那が自分の「ブラックリスト」に入れた店とは!?

大矢真那のホームタウン / エンタメ

SKE48を卒業した大矢真那がパーソナリティを務める『大矢真那のホームタウン』。

9月15日の放送では、大矢真那が無事に千秋楽を迎えた舞台の裏話などを語ります。

舞台が終了!

「8月に舞台を観に行きました!今回は台詞も多くて、役者として活躍する姿が見られて最高でした!無理に原作の役に似せようとせず、自然に演じていたのが良かったと思います。また観に行きたいです」(Aさん)

ヒロインを演じた『Infini-T Force(インフィニティフォース)』という作品は、アニメ制作会社「タツノコプロ」の人気ヒーローが集結するアニメ『Infini-T Force』の舞台版。
大矢が初めてヘアカラーで黒髪となったことも話題となりましたが。何より人気のアニメを舞台化したとあって、期待の高い舞台でした。

「人気の作品のヒロインという役を頂いたということで、プレッシャーもすごかったです。稽古に向かおうにも足が重くて。
でも周りの方が優しくて、いろいろな場面で助けてくださって。たくさんの方にフォローされて、無事演じることが出来た作品でした」

周りの人から吸収するものも多かったようです。

お芝居への思い

「舞台お疲れ様でした。漫画やアニメを舞台化した、いわゆる2.5次元と呼ばれる舞台をはじめて観劇しました。アクロバットステージということで、ステージ上でのスピード感には感動しました。芝居に対する思いや今後の考えがあれば聞かせてください」(Bさん)

スーツアクターを使った迫力のあるヒーローショーを繰り広げる舞台は、観に来たこどもにも大好評だったそう。

「今回いろいろな方のお芝居を観て、1つの役に対してこんなに熱い気持ちを持って演じているんだと思うと感動しましたね。
もう一度2.5次元をやりたいと思いましたね。キャラを追求して、どう変化していくかなどをもっと考えてみたいです」

原作のファンも多く、演じることに多くの悩みを抱えたという2.5次元の舞台に、もう一度挑戦したいという気持ちを持つことが出来たという大矢です。

わすれさ

ここからはリスナーからのお便りを紹介。

今夜は「失敗しました!」をテーマにたくさんのおっちょこちょいな話を聞いていきます。

「私は忘れ物をしてしまうことが多いです。電車の中で握手券を入れたカバンを置いてきてしまったり、旅先のホテルにお財布を忘れてしまったり。最近は大切なものはカバンには入れずにウエストポーチなどに入れるようにしています」(Cさん)

電車の中に忘れ物をすると指定された駅に引き取りに行ったり、確認に時間がかかったりと面倒なんですよね…。

「街で酔っ払っている人のポケットからお財布が飛び出していたりとか、よく見ますよね。でもこの人は酔っ払っているわけではないからなおさら心配。気をつけてくださいね」

「でも私も、食べ物をホテルの冷蔵庫に入れたまま忘れてしまったりはあるかも。この間、コンビニでお気に入りのデザートをまとめ買いしたんです。毎日食べ続けていたら、いつのまにか賞味期限が切れていて」

気づいた時には1週間ほど賞味期限が過ぎていたそうですが、お腹を壊さなくて本当に良かった!

大矢真那ブラックリスト

「この間、欲しいものをネットで見つけたのですが、最安値のサイトを探して、怪しかったのですがそこで購入しました。でも、届いてみたら違うものだったんです。返品不可だったので新しく買い直しました」(Dさん)

便利なネットショッピングですが、失敗もしやすいですよね。

「私はネットショッピングはあまりしないんですよ。洋服も靴も試着してから買いますね。安くても実物を手に取ってから買うのがいいですね」

そんな大矢も最近、思わぬ失敗をしたようで…。

「最近ネイルに行ったんです。普段行かないところに行ったのが失敗でしたね。色味や形も伝えた通りにならないし、すぐに全部剥がれちゃって。二度と行かないと思いましたね。『大矢真那ブラックリスト』に入れました」

女性のテンションを左右するネイルを失敗されたあげく、高いお金を払ったにも関わらずすぐ剥がれてしまうという最悪な体験をしてしまったとのこと。

「でも、失敗は成功のもとですからね。皆さんも一緒に、同じ失敗を繰り返さないよう気をつけていきましょうね!」

やっぱりどこまでもポジティブな大矢でした。
(ゆうつん)

♪9/15 セットリスト

M1 チクタク - edda
M2 もう恋なんてしない - 藤田麻衣子
この記事をradikoで聴く

2018年09月15日19時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×