読書嫌いの大矢真那にリスナーが推す1冊

大矢真那のホームタウン / エンタメ

昨年SKE48を卒業した大矢真那がパーソナリティを務める『大矢真那のホームタウン』。

5月19日は最近大矢自身がやらかした、SNSならではの「誤爆」を紹介します。
動画告知をしようと放ったメッセージがとんでもないことに…!?

まさかの「チーズタッカルビ」

ツイッターで近況を報告しようと、スマホから呟こうとした大矢。

動画アプリ"Stager"(ステージャー)から配信告知をしようと「今からステージャーしまーす!」と呟いたのにツイートされたのは「今からチーズタッカルビしまーす!」という文章。

ご存知の通り食べることが大好きな大矢なので、ファンもこの呟きを特に不思議に思わなかったそう。

8分後に慌てて訂正し事なきを得たのですが、誤爆が食べ物だなんてやっぱり大矢らしいですよね。

LINEでもよく間違えて送ってしまうことが多いらしく、訂正ばかりしているとのことでした。

リスナーのオススメの一冊

待ちに待った大矢真那初の写真集『小倉トースト』(セブン&アイ出版刊)が発売となり、握手会など発売記念イベントが続々開催されていることにちなみ、今週のおたよりテーマは「本」について。

普段はあまり本を読むことがないという大矢ですが、これを機に興味のある本が見つかるでしょうか。

「僕が好きな本はイギリスの推理作家アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』です。寝台列車で起こる殺人事件がテーマです。推理小説は先が気になって読むのがやめられなくなりますよ!」(Aさん)

列車の中で殺人事件が起こるも、犯人として疑われる乗客全員のアリバイは完璧。
推理を進めるも、最後のどんでん返しが圧巻だそう。

昨年12月には新作映画が公開されるなど、何度も映像化されており、どの世代にも有名な作品です。

「ネタバレされちゃったけど、読んでみたい!ちょっと気になってきましたね」

あらすじ紹介で若干のネタバレをしたAさんに対して、ちょっぴり八つ当たりをする大矢ですが、タイムフリーで聴かれる皆さんはご安心を。

写真集『小倉トースト』への反響

ネタバレにビビる大矢ですが次のおたよりに続きます。

「先週、写真集のイベントに参加しましたよ!写真集はどのページも好きで、美しく可愛かったです。周りからの写真集への反応があれば教えてください」(Bさん)

東京での写真集イベントに参加したBさんからはかなりの高評価で嬉しそうな大矢。

『小倉トースト』を手にとってくれた友人も多いようで「地元のお友だちもたくさん買ってくれて、可愛いと褒めてくれました。なんでも正直に言うお友だちの評価も意外と良かったのが嬉しかったです」

写真集はリラックスした表情も多く、特に表紙は素の大矢が見られます。
全カットがフィルム撮影、という点もおススメだそう。

リスナーからのオススメの本

次はちょっと珍しいCさんからのおススメ。

「私の好きな本は『広辞苑』です。小さい頃に親と言葉の意味を考えたり、反対に意味から言葉を考えたりと、ゲームのように遊んでいました。辞書を使い頭の体操をし、多角的に物事を捉えるということを身につけたと思います」(Cさん)

まさかの辞書のおすすめでしたが「面白そう!私もやってみますね」と意外にも乗り気な大矢です。

最後はDさんからのおススメ。

「今、5歳の娘に読み聞かせをしているのですが、大人になった今でも感動してしまうのが『泣いた赤鬼』です」(Dさん)

見た目だけで人間から怖がられてしまう、優しい心を持った赤鬼のお話。

「5歳の子が読んでわかるということは、本を滅多に読まない私にもわかるかも?読んでみたいと思います」

リスナーからたくさんの本の紹介を受け「こうやっていろいろと教えてもらうと、興味が出てきますね。これから本を意識して読んでいかなきゃ」と、成長した様子。

学生の頃の読書感想文は後ろの「あとがき」だけを読み、適当に済ませていたという大矢から、本の紹介が聞ける日も近いかもしれません。
(ゆうつん)

♪5/19 セットリスト

M1  満月の夜なら - あいみょん
M2  丸の内サディスティック - 宇多田ヒカル&小袋成彬
この記事をradikoで聴く

2018年05月19日19時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×