北野誠のズバリ

セクハラ?嫌がらせ?「乳首ポコ問題」対策グッズがバカ売れ!

9月6日放送の『北野誠のズバリ』では『日刊ゲンダイDIGITAL』の記事から、「男の乳首消しアイテムがバカ売れ」という記事を取り上げました。

『楽天オーネット』が行ったアンケートによると、異性の身だしなみNG1位は、男女ともに「乳首が目立つシャツ」という結果でした。

特に女性は、全体の58%が男性の乳首に嫌悪感を抱いているという事実が判明。

この風潮を受けて、男性の乳首を消すアイテムが次々に販売され人気となっています。

給湯室で繰り広げられる会話

男性が肌着を着ずにシャツを着てしまうと、乳首の形がわかってしまう。
この現象を、女性たちは通称「乳首ポコ問題」と陰で噂しています。

この「乳首ポコ」は、「セクハラではないか」という意見さえあるのです。

「『ど~う?あの北野部長の“ポコ”は』、みたいな」と、「乳首ポコ」を見せられている女性社員になりきってみる片山淳子

「気持ち悪いヤツ」
「セクハラ北野」
「北野部長、なんか乳首立ってんちゃう?」
「誰か見て興奮してんちゃう?」

こんな会話が、給湯室で繰り広げられているに違いないと想像する北野。

乳首消しシールとインナー

この「乳首ポコ問題」解消のため、男性用のニップレスが続々と登場しています。

種類も豊富で100円ショップやネットショップでも手軽に購入することができます。

5万個以上売り上げて話題となったのは、「メンズニップル」という商品。

皮膚への刺激が少ない粘着剤で、医療機器国際基準を満たした商品。
透明なシールなので、貼ってることもわからないという優れモノです。

乳首の凹凸を消すインナー「NoPoints(ノーポインツ)」は、胸の部分に乳首をおさめる特別な生地が貼り付けられていて、着用すると圧力で目立たなくするというもので、1着7,500円。

ユニクロのエアリズムも乳首ポコ対策に有効です。

片山家の「乳首当てゲーム」

「いろいろあるんですね、そんなに問題だったんですね」

「乳首ポコ問題」の深刻さを知った片山ですが、実は片山家では「乳首当てゲーム」というゲームが度々行われているんだとか!

このまさかのゲームに、「幸せそうな家庭ですねぇ」と感情のない声を出す北野。

片山は参加せず、夫と息子の間でだけ行われているゲームとのこと。

「Tシャツの上から人差し指でプチッて。『はーずれー!』って」

なんとも微笑ましい親子です。

片山「ニップルとか貼っちゃったらできないわけですね」
北野「あー、お父さんと息子とのふれあいが、これで遮断されたわけですね」

といいつつも、「家の中やったら別にええやん。親子やから」と気づいた北野。

北野誠もポコってた?

「つまり他人が見て、そんなに男の乳首って不快やってんね」

心なしか傷ついた様子の北野、なにやら身に覚えがあるようです。

実は北野、歯を磨きに行く時に、汚れないようにと上のシャツを脱ぎ、CBC内をTシャツ1枚でウロウロしているというのです。

「あの時は乳首ポコ問題が……7階のCBCラジオの女性スタッフには不評だったわけね」」と、愕然とします。

片山「給湯室で言われてる。『見たー?今日の誠さんのポコ』」
北野「『これ見よがしに乳首立ててから行かはるけど』」

別に乳首を立てているわけではないものの、自分もニップレスを貼らないといけないのだろうとかと悩む北野に、「ガムテープでもいいよ」と非情な片山。

「これほど『乳首ポコ問題』はものすごく嫌われるということが今回わかりましたので、気を付けていただきたい」と、世の男性たちに注意を促した北野でした。
(minto)
 
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2019年09月06日13時24分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報