北野誠は中川翔子の第2のお父さんだった!?

北野誠のズバリ / エンタメ

3月21日放送『北野誠のズバリ』は祝日特別企画ということで、ゲストに中川翔子さんが出演しました。

翔子さんのお父さんである、歌手の中川勝彦さんは1994年に亡くなったのですが(享年32)、実は北野が若い頃にラジオ番組で共演していただけでなく、北野の実家に何度か泊まったことがあるほどの仲でした。
さらに北野は、小さい頃の翔子さんに「高い高い」をしたこともあったとか。

この日は番組全般に渡って、北野と中川翔子さんが、中川勝彦さんとのエピソードを語りましたが、ここではその一部を紹介します。

ラジオ番組を急に休んで失踪

勝彦さんはまだ独身の時、北野と1986年に関西のラジオ番組『ヤンタンキンド館』(MBSラジオ)での共演をきっかけに意気投合。一緒にライブイベントを開いたこともありました。

しかしある日、勝彦さんは失踪し、番組に来なくなったことがありました。

北野「事務所も連絡が取れない。当時ケータイもなかったからね。それで何ヶ月かしたら復帰したんよね。
その頃(番組共演者の)兵藤ゆきさんがちょうど『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)とか出て売れ出した頃やったんで、ラジオの収録も大阪じゃなくて東京がメインになったの。

ある日、ラジオが夜中の1時頃終わった時に、急に勝彦が『誠さん、これから付き合ってもらっていいですか。ちょっと家に来てもらいたいんですよね』って言うから。

失踪した後やったから、また悩みの相談かなと思って。確か東京ドームの近くにタクシーで連れて行かれて、着いたら『これ、俺の家なんですよ』って。

その後(扉を)開けて『俺、結婚して、こどももできたんですよ』って。
『はあ?』『これ、翔子』って」

失踪から戻ってきたと思いきや、結婚してこどもまでいる事実を告げられた北野、急展開に思わずビックリです。
 

失踪の理由が明らかに

翔子さん「昭和の時代ってのもありますけど、よくぞそれを内緒にしてやってたなと。ちょうどデビューの頃と、母とお付き合いしていた頃が重なっていて。
事務所の人と家族同伴の話し合いで『1回別れてください』って言われて。

(母は)あきらめようと思ったけど、父からこどもを作ろうと言われて、でも(事務所からは)許されないから、駆け落ちしようかみたいになって、駆け落ちしたんですよね」

北野「その頃が、ヤンタンの失踪」

翔子さん「それかー!つながったー!」

女性ファンが多かった勝彦さんの結婚は、なかなか公にはしづらかったようです。

北野「勝彦に『いつ結婚したん?』って言ったら『グアムで』って。いや、そんなこと聞いてるんちゃうねんと」

翔子さん「ベータのビデオが家にあって。いろんな国の駆け落ちの人が集まる集団結婚式みたいな」

北野「こんな秘密を俺に言われても…。言うても関西で三本の指に入るぐらい口軽い男やのに。
でもさすがに、これは俺でも言われへんわと思って。そのことだけは、誰にも言わへんかった」

翔子さん「ありがとうございました!(ファンの)みんなが傷ついちゃうかもしれないので。父が言ったんですよ。『寂しくないようにこどもを作ろうね』とか。

でも、母の日記が出てきて、ちらっと見ちゃったんですけど、妊娠してる時に『もうすぐ生まれるよ。あなたは今どこにいるの?どこに行ったの?』って書いてあって。
失踪ってどういう失踪なのかなと思って。本当に父さんは自由すぎますね」

かなりモテていたという話もあり、心配な面もあったようですが…。

ただ、最後に翔子さんは、「でもまだ若い頃に反対にあっても、(自分を)作ってくれて良かったです」と感謝していました。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2019年03月21日13時35分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×