ブラジリアンワックスの激痛に耐えた紺野ぶるま「お肌ふわふわ!」

北野誠のズバリ / エンタメ

「北野誠のズバリ」の木曜コーナー、作家で哲学ナビゲーターの原田まりると、松竹芸人の紺野ぶるまが週替わりで登場する「ぶるまとまりるはおやつの前に」。

2月7日の放送では、紺野ぶるまが生電話で登場し、初めての「ブラジリアンワックス体験談」を披露しました。
激痛の先に待っていたものは、その痛みを忘れてしまうほどの感激だったようです。

VIO脱毛・1回4,000円

ブラジリアンワックスとは、ワックスを使用した脱毛方法のこと。

アンダーヘアにワックスを付け、シート状のものを貼り、それを一気に剥がして毛を抜くというものです。

「あれどう考えても痛いと思うねんけどな」「痛そう~」と、想像しただけで震えがきた様子の北野誠と氏田朋子。

自宅近くに「VIO脱毛・1回4,000円」のサロンが開店したので行ってみたという紺野。

ちなみにV=前面、I=性器周辺、O=肛門周辺を指します。

Vの部分を残しても残さなくても、金額は変わらず4,000円とのこと。

以前より「『何もない状態ってどういう気持ちなんだろう』っていうのに憧れてた」という紺野は、「VIO、全部つるつるにしてください!」とお店の門を叩きました。
 

「おまめ取れませんでした?」

お姉さんがワックスを付けて、紺野のアンダーヘアを脱毛していきます。

順番はO→I→V。

「OIはまだ我慢できるんですけど、Vの時にもう激痛で!毛の量も違うし、もう、おまめごと持ってかれてるんじゃないかっていうぐらい」

紺野のとんでもない発言に苦笑いの北野と氏田。

紺野「『今、私のおまめ取れませんでした?』」
北野「これこれ、これこれ、これこれ、おまめごとって。節分も過ぎたばっかりやのに」

「『ちょっと私のおまめどこ行っちゃいました?1回触って確認させてください』って言って触ったらおまめあって」

紺野ならではの会話の流れかと思いきや、お姉さんによると同じように“おまめ確認”をする人は多いんだとか。

北野「そのぐらい、もう取れたんじゃないかと」
紺野「そう!すっごい痛いの。声が出ちゃう」

時間は一瞬であるものの、「おまめを持って行かれるような感覚が苦手」ということで、Vを残す選択をする人も多いんだそう。
 

赤ちゃんよりも赤ちゃん

しかし、地獄の施術終了後。

「どんなもんか?」と触ってみた紺野に至福の時が待ち受けていました。

「もうねぇ、ふわふわ!お肌ふわふわ!」

つるつるじゃないのかとツッコむ氏田に、「つるつるだと思うじゃないですか。もうねぇ、お肌の概念覆される!」と紺野。

そこは今まで毛に守られていたため、一切外部と接触のなかった部分。

紺野から「ホントに赤ちゃんよりも、赤ちゃんの肌」という名言が飛び出しました。

「つるつるすべすべ通り越して、ふわふわで。超快適」であるものの、永久脱毛ではないため、また毛は生えてきてしまいます。

ただ毛根を1つずつ引っこ抜いているので、継続することで毛が細くなってくるんだとか。

氏田「また行きたいと思います?」
紺野「もうね、一生私は"つるつるふわふわ宣言"です」

氏田「えー、うっそー!」
紺野「考えられない、生えてることが」

もうすっかり、ふわふわの虜になった紺野。
 

付けるのは下手

まつげエクステもやっているというそのサロン。

「安かったんでついでに。毛を取ったあとに、毛を付けてもらうという作業を目にしてもらった」という紺野。

しかしいつもは3週間は持つエクステが、今回は1週間ぐらいで取れてしまったんだそう。

「取るのはうまいけど、付けるのは下手」とガッカリ。
とはいえ「楽しかったです、ブラジリアンワックスおすすめです」と大満足です。

最後に恒例のなぞかけです。

北野「エステとかけまして」
紺野「エステ?芽吹きましたー」

紺野「エステとかけまして。そうですねー、じゃあー、ちんこと解きます」
北野「そう解きますか。エステとかけてちんこと解きました。その心は?」

「どちらも、いっぱい抜いてほしいでしょう。ダメだそのままだ、まいっか」

北野「おまめ取れてなかった?大丈夫?」
紺野「おまめはね、いつも通り定位置についてました。大丈夫」

「どんな生放送や!」とボヤきつつ、紺野のおまめ発言がすっかり気に入った様子の北野でした。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2019年02月07日14時45分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×