年齢を教えてくれない妻。さらに新たな疑惑が浮上!

北野誠のズバリ / トーク

12月31日放送『北野誠のズバリ 大みそかスペシャル』では、年に1度のスペシャル企画「大人電話相談室リターンズ」が放送されました。

毎週木曜に放送している人気コーナー「大人電話相談室」で相談してきたご本人に対し、お悩みが解決したのかどうか、その後の顛末を尋ねるというもの。
ここでは、12月6日に放送された「妻が年齢を教えてくれない」という悩みのその後について取り上げます。

婚姻届でも年齢はわからず

当時、番組宛てに届いたお悩みをかいつまんで説明します。

Aさんは現在結婚して3年目ですが、とにかく妻がキレやすい。
バレンタインの約束を忘れた時はホットチョコを顔面にかけられた、冬至でゆず湯に行く約束を忘れた時はハンガーで殴りかかってきてメッタ打ち、頼まれた買い物を間違えると扇風機を振り回して破壊するといったありさま。

ただ、Aさんの悩みはそこではなく、かたくなに妻が自分の年齢を隠し続けているということなのですが、その後、年齢は判明したのでしょうか。
北野誠と大橋麻美子、大川興業総裁・大川豊の3人で話を聞くことになりました。

まずは婚姻届を書く時にわかるのではないかと思われそうですが、妻の生年月日欄以外はすべて記入した状態で、最後に妻が書いて1人で役所へ提出しに行ったため、Aさんは実際の入籍日は知らないのだそうです。

当時の放送では北野が「免許証やパスポートをこそっと見たらどうや?」とアドバイスしたのですが、Aさんは「できなかったです…」と回答。普段の生活で隙はなさそうです。
 

思わぬチャンス到来!

しかし、別の機会に思わぬチャンスがやってきたそうです。

Aさん「子宝に恵まれるという神社に2人で行って、1万円ほどでご祈祷していただく時に、5組ぐらい並んで『(住所とAさんの名前)、平成2年×月□日』って言うんですよ」

北野「宮司さんが言う言う。これチャンスやんけ!」

Aさん「これわかる!と思って。(住所とAさんの妻の名前)、昭和……」って

大川「昭和!」

Aさん「ここで嫁にひじでこづかれて。嫁を見た時、すごいキレてたので慌ててたら、もう違う人の名前を読んでたんですよ……」

Aさんは平成2年生まれとのことですので、妻が少なくとも年上、30歳以上だということはわかりました。
 

何歳差なのかを推理!

ここから北野探偵の推理が続きます。

北野「A君の予想では、いくつぐらい上だと思ってんの?」

Aさん「2、3つぐらい上だと思ってます」

大川「もしかしたら、もっと上かもしんないよ?」

Aさん「もっと上なわけないじゃないですか。見た目でわかりますよ!」

出演者全員が声を揃えて「わからんわからん」と一斉に反論。

北野「ひょっとしたら、6つ7つ上ちゃうかな」

Aさん「お店じゃないんだから!」

さすがに2、3歳程度ならわざわざ隠すことはないものと思われますが…。

北野「A君も女性経験がそんな多くないでしょう?」

Aさん「(笑)何がわかるんですか、俺の!めっちゃありますわ!」

北野「絶対そんなないわ!そんなん言うてる割に、奥さんの年齢わからんままやんか(笑)」

夫婦間の問題が、なぜか北野とAさんの攻防という場外乱闘の状態になっていました。
 

新たな疑惑が浮上!

前回の相談にもあったのですが、実はAさんの行動は普段はGPSで監視されているそうです。
そのため、内緒で役所に住民票を取りに行くということもできないわけですが、逆にGPSで妻の位置を知ることもできるAさんの発言で、話は意外な展開に…。

Aさん「たまに連絡もなしに、京都にいてる時があるんですよ。帰ってきても何も言わず。でも質問できないんですよ。詮索したら怒られるんで」

北野「なぜ京都に行ってるのかというのは、気になってんねんやろ?」

Aさん「その場合は(妻がいない間)家で禁止されてるお酒を飲みます。"お酒を飲んでも良い"っていう思考になります」

大橋「現実逃避。ちょっと抵抗」

Aさんも「夫婦でお互い楽しんでいる」と脳内変換をしている状態になっています。
 

京都で何が…

ここまで読んだ方なら誰でも浮かぶ疑問を、大川総裁が声に出します。

大川「浮気だったらどうするんですか?」

Aさん「浮気なんて絶対ないですし!」

北野「あなたに何がわかるんですか!(笑)」

Aさん「わかりますわ!(笑)なんでもわかりますわ、嫁のことなら」

肝心な年齢がわからない状態ですが…。

北野「京都のお寺とか神社とか、場所はわかんの?」

Aさん「わかりますよ。ホテルに泊まってました。なんか女友達じゃないですか?女子会とか流行ってるから」

これには3人もビックリしましたが、Aさんのポジティブさにどこか安心したよう。妻の秘密を無理に掘り起こさなくても良いのではないか、と思えてきました。

果たして京都で何が起きているのか?年齢とともに気になるところではあるのですが、北野は最後に「また夏頃に連絡するわ」と締めました。
(岡本)
この記事をradikoで聴く

2018年12月31日13時36分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×