二股がバレる大ピンチ!北野誠が放った救いの一手とは?

北野誠のズバリ / トーク

9月18日放送『北野誠のズバリ』のメッセージテーマは、「どうしよう…」でした。
日常生活で突然アクシデントに遭遇してしまったり、失敗したりして困ってしまったというエピソードが番組に届きました。

そのおたよりを元に、火曜アシスタント・佐藤実絵子と、事故物件住みます芸人・松原タニシの3人でトークを展開しました。

同じスナックの女性に二股

「誠さんどうしましょう……。ただいま悩み中です。
スナックのママと、そこで働いているバイトの女の子の2人に手を出してしまい、困っています。これがまた、2人とも同じ団地の同じ棟に住んでいるのです。

自宅から歩いて5分の所にあるのでママの家に行きやすく、『これはいいや』と思ってましたが、Y子に手を出してしまった後、家を聞くと自宅と同じ方面だったので一緒にタクシーに乗りましたが、何とママの団地に着くではありませんか。
Y子は窓に顔を寄せ、『あっ、もうママ帰ってるわ』とのんきなセリフ。

何気なく探りを入れると、ママとは3部屋挟んでいるだけとのこと。偶然なのかどうかは聞けませんが、このままママの部屋に通い続けるとバレますなあ。僕はどうしたら良いんでしょうかねえ」(Aさん)

かなり自業自得の感があり、佐藤は「最悪ですね」と切り捨てていましたが、ここで北野が番組ならではの名案を思いつきます。

解決の鍵は事故物件?

「どちらか1人に決めるべき」、あるいは「両方と別れて、スナックに行くのは止める」という答えになるのかと思いきや、想像の上を行く答えでした。

北野「Y子ちゃんの部屋に幽霊が出るとか言って、いきなり行った時に『何かこの部屋、嫌な気がする』って」

タニシ「その手があったか…」

佐藤「最悪(笑)」

北野「何か嫌な匂いのする物が入った小瓶かなんかをパッと振りまいといて、『これ、ヤバイんちゃう?"大島てる"のサイト(事故物件に関する情報を掲載)で調べたら、事故物件やったで。引っ越した方がええで!身体、悪なるで』って言うて、事故物件に見せかけて、Y子を引っ越しさせる」

タニシ「それ一番良いなあ」

さすが、松原タニシを「事故物件住みます芸人」としてプロデュースした北野だけあって(過去記事「北野誠、愕然!後輩が売れるほど自分の評判が下がっていく!?」参照)、意外な発想に行き着きました。

お悩みをズバリ解決?

この答えで確信を得た2人。ズバリ悩みが解決できました。

北野「トイレで"カターン!"って倒れてるふりして、『どうしたの?』って言われたら、『何かおった気がする……』って。事故物件に見せかけて退去させる、それしかない!」

タニシ「それしかないですね」

北野「われわれ、このために事故物件を広めてきたんですよ」

タニシ「やっとここで活用できる時が来ました!」

北野「事故物件にでっち上げましょう!」

2人でこれは名案だと盛り上がっている中、そもそも二股をかける男性がひどいということで、唯一女性の佐藤は最後まで「最低だ~!」と語っていました。

女性が引っ越すのと、両方の女性にバレるのと、どちらが先なのでしょうか……。
(岡本)
この記事をradikoで聴く

2018年09月18日14時25分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×