串田アキラさん実感、幸運はどこに転がっているかわからない?

神谷明 TALK!×3 / エンタメ

8月3日放送のCBCラジオ『神谷明 TALK!×3』のゲストは、前回に引き続いて歌手の串田アキラさん。

テレビアニメ『キン肉マン』のゴールデンタッグがお届けする第二夜は、串田さんが予想外な幸運をつかみ人気シンガーとなるまでを振り返ります。

うそでしょ!?夢が実現、これができればやめてもいいやと思った

80年代の人気テレビアニメ『キン肉マン』(83-86年 日本テレビ系)では、神谷が主人公のキン肉スグル役を、串田さんが主題歌を担当していました。以来、今も交流が続いている二人。

前回、串田さんの生い立ちを伺う中で、ひょんなことからステージに上がった話が出ましたが、そこからどのように歌手の道を歩んだのでしょうか?

串田さんは1969年に「からっぽの青春」でデビューした串田さんは、バンドの友人が書いた映画『マッドマックス』(1979年 ジョージ・ミラー監督)の日本公開版エンディングテーマ「Rollin' Into The Night」を「唄ってみないか?」と誘われたそうです。

神谷「かっこいい歌ですよね」

英語で歌ったものの、その時はまだ無名だったそう。
その後、この曲が歌えるのなら…と作曲家の渡辺宙明さんの目に留まり、初期の戦隊シリーズ『太陽戦隊サンバルカン』(81-82年 テレビ朝日系)主題歌の歌手に推薦されました。
「どこに幸運が転がっているかわからない」と神谷。

その頃はトントン拍子で『キン肉マン』の他、『宇宙刑事ギャバン』『疾風ザブングル』の主題歌もほぼ同時進行だったそうです。
串田さん自身「オリコンチャートにいっぱい出ているな」と自覚したほど。

特撮ドラマやテレビアニメの主題歌は何度も聞くことになるため、「感情は極力込めないように」と言われているそうですが、つい力が入ってしまうようなノリノリの歌詞が多いとのこと。

こうしたヒットソングを持っているだけでなく、その後も精力的なライブ活動を続け、海外でも高い人気を誇っているのです。
 

まるで同窓会?ファンも大盛り上がりのライブ

現在はソロでのライブはないものの、旧知の出演者のライブに参加して、ワイワイ楽しく演っていると串田さん。
出演者のパワーも全然衰えておらず、顔見知りのファンの方も多く同窓会のようだと。

また、昔と違って観客も参加型で唄ってくれたり合いの手を打ってくれたりするので、ライブは非常に盛り上がるとか。
観客にはかつてリアルタイムで作品を観ていた40-50代の方が多いようですが、皆全力だそうです。

「ああいう場所はなければいけない。ライブはひとつとして同じものはない」

ライブの良さを表現する神谷。
興味をお持ちの方は、ぜひ串田さんが出演するライブに足を運んでみましょう。
 

秋には50年の集大成を披露

そんな串田さんも、今年でとうとうデビュー50周年。

50周年を記念して、10月16日にベストアルバム『Delight』を、そしてミュージックビデオのDVDも合わせてリリースする串田さん。
アルバムにはデビューソングをはじめ、前述の『太陽戦隊サンバルカン』『宇宙刑事ギャバン』『疾風ザブングル』、そしてもちろん『キン肉マン』も収録され、さらにはこれまでの未収録曲も検討中だとか。

また11月17日(日)には、50周年記念公演「Delight2019」がよみうり大手町ホールで行われるそうです。節目の年ということで、ファンには待望のイベントが目白押しです。
(nachtm)
 
セットリスト:
M1 串田アキラ「宇宙刑事ギャバン」
M2 Take 6 ft. レイ・チャールズ「My Friend」
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月03日23時04分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×