鳥羽水族館のGWのキーワードは「SNS映え」!

レポドラ日記 / レジャー
三重県鳥羽市の鳥羽水族館にお邪魔しました!
もう間もなくやってくるGWに、楽しい催し盛りだくさんですよ~☆



今回も学芸員の杉本さんにインタビューしました。
お忙しいところありがとうございました!



今年の鳥羽水族館のGWは"SNS映え"がキーワード!
その名も フォトジェニック水槽 !!

入口からヒオウギガイという貝殻が敷き詰められた壁がお出迎え。
ここで写真を撮ればもうすでにフォトジェニック!!



会場奥にはアート水槽☆



バーな雰囲気が漂っているこちらの水槽は、よーーーく見てみるとちゃんと生き物も入ってるんです!



近くで見ても遠くから写真を撮っても楽しめますよ♪

さらに、サイン水槽も登場!
水槽横にあるペンで自由に落書き☆
裏に回って一緒に写真を撮ることができます。
私も中継後に書いてみました~♪



どんな風に完成したかはブログの最後の写真を見てくださいね☆
自信作です(笑)
こうしてオリジナルの写真も撮れちゃうのですが、そんな写真を対象にしたフォトコンテストも開催中。



受賞者には素敵な景品もあります!
フォトジェニック水槽の会場内以外にも、鳥羽水族館で撮った写真ならOK。
館内で貸し出しているカラーフィルターを使用すると、簡単におしゃれな写真が撮れますのでこちらもオススメです☆



これだけでも十分素敵ですが…



こうなります!!
自分なりに素敵な写真をたくさん撮って思い出を作ってくださいね☆


そんな鳥羽水族館はたくさんの海の生き物がいますが、中でも注目はスナメリのココロちゃん。
昨年5月に生まれたココロちゃんももうすぐ1歳です!



生まれたときは全長85センチで体重8kg程だったのが、今では全長113センチ、体重20kgを超えました。
人工保育ですがスクスク育ってますよ。
人懐っこいのでガラスに近づくとココロちゃんから近寄ってきてくれることも!

さらにさらに!フンボルトペンギンの赤ちゃんが先週生まれました。
私が見た時は大人のペンギンの足元にちょっとお尻が見えるくらい(笑)
15センチ、100グラムほどと片手に乗るくらいだとか♪
どんどん大きくなっているのでGW中にもしかしたら顔が見られるかも!?こちらも楽しみです♪

中継ではさらに不思議な海の生き物を教えていただきました♥
今回教えていただいたのは「海サボテン」



砂から生えているようなこの子たちは、イソギンチャクやサンゴの仲間で「ソフトコーラル」というものなんだとか。
トゲトゲにみえるのは触手で餌を取るためのものだそうですよ。
夜行性なのでなかなか見られませんが、この地域の海にもいます!
鳥羽水族館なら昼夜逆転させて展示しているのでしっかり観察できますよ☆

魅力いっぱいの鳥羽水族館で素敵なGWをお過ごしください。

杉本さんありがとうございました!



*****************
鳥羽水族館
三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

フォトジェニック水槽
5/6㈰まで開催

JR・近鉄 鳥羽駅から徒歩10分
名古屋から車で2時間ほど

GW中の催しや営業時間についてはHPをご覧ください☆

☆松本結花★
 
この記事をradikoで聴く

2018年04月23日16時44分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×