「つボイノリオ記念日」制定の陰で、北野誠がとばっちりを食っていた話

北野誠のズバリ / トーク

7/22放送の『北野誠のズバリ』では、テーマの「ショックです!」に、あるリスナーの悩みが寄せられました。

話題はそのリスナーの悩みから、『つボイノリオの聞けば聞くほど』のパーソナリティ・つボイノリオの話題へ。

そして、そのつボイノリオから"もらい事故"をしているという北野誠の不満が爆発しました。

Aさんの苦悩

「ショックといいますと、5~6年前に名古屋に来まして、たまたま聞いた『聞けば』と『ズバリ』。ズバリのテーマにたまたま合う話があって、投稿するようになりました。

読まれようが読まれまいが、日々投稿するのが日課になりました。radikoが登場してから、たまに『聞けば』にも投稿するようになりだしました。

ズバリのイベントに参加するようになりました。
『聞けば』にも『ズバリ』にも同じ"A"(ラジオネーム)でメールを送っております。

そのうちリスナーさんたちを仲良くなりまして、挨拶するようになりました。

去年、Bさんに挨拶すると「ああー、つボイさんとこの人やね」と言われました。

マコ酒RUNでもCさん・Dさんにお会いした時も「『僕、Aです』っていったら、ああー!つボイさんとこの人ね」って言われます。

ショックでした。"つボイさんとこの人"ってどんな人なんですか?
『ズバリの人ね!』って言われるのには、どうしたらいいんですか?

誠さん、どうしたらいいんでしょう」(Aさん)

6月9日が恥ずかしい

「どうだろうねぇ。"6月9日の人や"と思われてるんだね。ズバリ記念日も作ったらええんちゃう?」

先日めでたく制定された「つボイノリオ記念日」に『ズバリ』も対抗してはどうかと提案する、ITジャーナリスト・井上トシユキ。

「ズバリ記念日、もう作らんでいいやん。6月9日のつボイノリオ記念日も、つボイさん喜んでやって、リスナーさんも盛り上がったけど、意外とよくよく聞いたら恥ずかしいで、あれ」

北野のこの意見に、大爆笑の井上。

「冷静に聞いてみ、お前ら。こんなん言うたら内部で怒られるかもしれんけど。よう考えてみ。言えるか?ちょっと恥ずかしないか?」との北野の問いに、「ちょっとだけ恥ずかしさはありますね」と素直な松岡亜矢子。

北野「一応ね、つボイさんが大好きな日やということで、一応公認してもらったけど。なんやねん言うたらシックスナインのことやで」

松岡「お友だちに『なんで?』って聞かれた時に、説明する立場としては」

今まで誰しもが避けて通ってきた、6月9日の由来を明言してしまった北野。

もらい事故やもらい事故や!

この6月9日がらみで、北野誠が思わぬ事態に巻き込まれていることを明かします。

なんとTwitter上で、「6月9日といえば、つボイノリオと北野誠が大好きな日や」と書かれていたのを見つけたというのです。

「俺、とばっちりや!」

憤慨する北野。

北野「俺自分が『6月9日大好きや』とか言ったこと、1回もないで!一言もない。なのにイメージで、つボイさんが6月9日が好きであんな風にしてしもたから、『6月9日といえばすぐ北野誠とつボイノリオが騒ぎ出す』。いや、俺騒いでない!俺、一言も騒いでない」

松岡「今年は普通の土曜日でしたね」

北野「そうや!俺なんにも6月9日で盛り上がってないで!もらい事故やもらい事故や!Twitterで勝手に書かれててん」

「6月9日大好きイメージ」を一方的に付けられてしまったことに腹が立つという北野。

最後に一言捨て台詞を吐きます。

「A、あんたはつボイさんとこの人やけどね」

なぜかとばっちりを食う羽目になってしまったAさん。

番組の最後にも、「ちなみに僕は"69"とは、なんの縁もゆかりも関係もございませんので。改めてここで言わせていただきます」と、キッチリ念押しをした北野でした。
(minto)
この記事をradikoで聴く

2018年07月23日15時52分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×