BOYS AND MEN 栄第七学園男組

ボイメン本田、プライベートで遭遇した残念エピソード

もし街の中でふと有名人を見かけた時、さらにそれがファンの人だった場合、あなたはどんなリアクションをとりますか?

名古屋を拠点に活動するエンターテイメントグループ、"ボイメン"こと"BOYS AND MEN"が送る『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。
5月27日の放送では水野勝本田剛文勇翔(ゆうひ)の3人が出席しましたが、この日のメッセージテーマは「強烈な思い出」。

その中で最近、プライベートのボイメンを見かけたというおたよりが届いたことで、街の中で声をかけられた時のリアクションに話が及びました。

プライベート姿を目撃!

「今年の3月、大学院の同期でスノボに行きました。安く済ませるために夜行バスで行って翌日に帰る予定だったので、夜の名駅近くで待ち合わせをしました。
みんな揃ったので、バスセンターに向かって歩き始めたところ、金髪のお兄さんが私の目の前を横切っていきました。

カッコいいな~と思って見てみると、何だか見たことがあるような人のような気がしてきて、同時に『えっ!勇翔くん!!』と叫びました。一緒にいた同期も私の影響でボイメンをよく知っていたので、『どれどれどれどれ!?』と大騒ぎ。
しかし勇翔くんは気づいていないようで、颯爽と歩いていきました。

ボイメンを好きになってから、街の中で会ったのは初めてだったので、すごくうれしかったです。私服で明らかにプライベートで歩いている時に、声をかけても良いのでしょうか」(Aさん)

めったにないチャンスなので声をかけたい、でも迷惑になるのではないかと思って声をかけづらいという2つの気持ちで悩んでしまうところです。
 

声をかけにくいメンバーNo.1は?

では、3人はプライベートで声をかけられた場合、どう思うのでしょうか。

本田「俺は平気な人だけど」

水野「嫌だっていうメンバーはいないんじゃない?でも俺は気づかれてても、全く声をかけられない。もっと声をかけてもいいと思うんやけど……」

リーダーとしての風格が、声をかけづらい雰囲気を醸し出しているのかもしれません。

本田「怖いんだって、見た目が。もうちょっとほほえんで歩いたらどうなの?」

水野「でも、何もないのにほほえんどったら、キモいかも……」

本田「その方が怖いわ」

アドバイスをした後にすぐハシゴを外した本田でしたが、水野も「(怖く見える)これが普通の状態」と訴えていました。
 

声をかけられて残念なことに…

水野とは違って、勇翔も本田も声をかけられやすいと言います。

本田はこの前、仕事でハワイに行く前に水着を買いに行った時、声をかけられたそうです。

本田「(その店で応対していた)店員さんはぜんぜん気づいていらっしゃらなくて、お会計を済ませとって、横から出てきた店員さんが『(こっそり)本田さんですか?』って」

水野「ああ~、うれしいなあ」

本田「『どうも、いつもありがとうございます』って言っとったんやけど、最初に応対してくれた店員さんは最後の最後まで『お友達だったんですね!』って。
結局、俺がテレビとかに出てるから声をかけられてるという感じにはならなかった……」

芸能人ではなく、友人だから話をしていたと勘違いしてしまったようですが、そこで本田も場の雰囲気を壊さないように、思わず「はい」と返事してしまったそうです。

一方、水野はブラジル料理の店にいたブラジル人の方から、「君あれだよね!テンプル、テンプル。好きで全部見てたよ!テンプルのお兄ちゃんだよね!」と、ドラマ『サチのお寺ごはん』に出演したことがきっかけで声をかけられ、うれしかったそうです。

最後に水野は、「見かけたら、声をかけてもらったら。シャッターは降ろしてないので」とまとめました。
(岡本)
 
BOYS AND MEN 栄第七学園男組
この記事をで聴く

2019年05月27日22時53分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報