今度こそ役立つ料理企画?「カップ麺にちょい足しレシピ」を紹介

BOYS AND MEN 栄第七学園男組 / エンタメ

名古屋を拠点に活動するエンターテイメントグループ、"BOYS AND MEN"がお送りする『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。

12月10日は水野勝、田中俊介、本田剛文の3人をメインに放送しましたが、今回は約1年ぶりに「シェフ平松のカップラーメンスペシャル」企画が登場。

番組では定番のグルメ企画ですが、たいてい「カップ麺にフリスクを入れたらどうなるか?」など、実験寄りのもの。平松は「今回はガチでおいしい」と太鼓判を押しますが…。

カップ麺に駄菓子

今回はリスナーから届いた「カップラーメンにちょい足しすると、さらにおいしくなるレシピ」を平松賢人が選び、実際に作ったものを生放送で3人にふるまうという企画です。

最初は「カップヌードルに駄菓子の『タラタラしてんじゃねーよ』」(Aさん)。
原材料に魚のタラが含まれている、ピリ辛の駄菓子です。
魚が原材料だったら、シーフード味のカップ麺っぽくて良いかも…と思いきや、ここで意外なクレームが。

水野「(カップヌードルの)シーフードでやらんかったっけ?シェフ、これ1回やってるぞ、たぶん。頼んでんぞ!」

お客様からのオーダーが2回通った状態となってしまいました。

平松は「今回はシーフード味ではありませんから。そこの差がが出るかなと」と説明し、何とかかわしました。

あらかじめ『タラタラしてんじゃねーよ』を入れた後にお湯を注ぎ、ふやけた状態にしています。

本田「結構スープ吸われてるね。内側の線よりだいぶ下にスープが。やり過ぎたんじゃない?」

量が多すぎたかもしれませんが、これがプラスに働くのでしょうか。ここで水野が実食!

水野「普通にうまい」
本田「次回から入れます」
田中「うん、うまい!」

3人の評価は3段階でAと、幸先の良いスタートとなりました。
 

和風スープとして活用

次のレシピは「味付けのりをスープにつけ、梅干しをほぐして入れて、スープだけでいただく」(Bさん)。
和風テイストで朝ごはんのような感じです。

麺を取り除いてスープだけ作った状態で、梅干しを入れた後に味付けのりをほぐして入れます。

水野「あっ、おいしい」
本田「正直、麺がもったいねーなと思ったけど、成立している!」
田中「あー、これはうまい!ラーメンのスープの面影がなくなるよね」

お茶漬けのような感覚になるようです。

2連続の高評価。今回のグルメ企画は、まさに一味違うと言ったところです。
 

麺との意外なコラボ!

最後のレシピは「具材はヨーグルトとこしょうで、麺のみ使用」(Cさん)。3人とも落胆の表情を浮かべています。
やはり、ただのグルメ企画では終わらないのか、それとも大逆転のホームランとなるのでしょうか。

ヨーグルトは低糖を選択。水野は、せめて無糖の方が良かったんじゃないかと抗議しましたが、この選択が吉と出るか、凶と出るか。

水野「うわー(笑)。おいしくねー」

本田は勢いよく食べた後、「三角!可能性を見出した」とコメント。

2人のリアクションを見た後の田中は完全に引いた状態。それでも実食!

いったん『タラタラしてんじゃねーよ』に逃げた後食べましたが、半泣き状態で「これはねーわ」。

水野「無糖だったらサワークリームみたいになるんだけど」

本田「そんなに無理か?って感じ。ヨーグルトの分量を3/4ぐらいにして無糖にしていけば、カルボナーラ寄りのテイストなんじゃないかと思うよ」

最後に3つのうちどれが最も良かったのかを選びました。

水野「2番」
本田「1番」
田中「2番」

2番の和風スープが最もおいしいという結果になりました。
最後に平松は「僕は感覚で作ってるので、食べてないんですよね」と、シェフにあるまじきカミングアウトをした後、3人から非難を浴びていました。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2018年12月10日22時39分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×