ボイメン辻本達規、水野勝に「呼び方を変えてほしい!」と懇願

BOYS AND MEN 栄第七学園男組 / エンタメ

名古屋を拠点に活動するエンターテイメントグループ、"BOYS AND MEN"がお送りする『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。

普段はメンバー3人が出席していますが、10/22の放送は「どうしても水野と2人でやりたい」という辻本たっての希望で、水野勝と辻本達規の2人体制で行われました。

辻本が水野にどうしてもお願いしたいことをガチンコで発表していく「つじがお願いしたい10のこと」のコーナーでは、耳を疑うような驚きのお願いが飛び出しました。

果たして辻本は、どんなお願いをしたのでしょうか。

3万円ちょうだい!

早速1つ目のお願いです。

「3万円ちょうだい!」

のっけから、まさかの現金おねだり。

その3万円で、明日発売される靴を買いたいというのです。

あちこちに電話をして、ようやく名古屋でも取り扱うお店を見つけた辻本。
明日は朝から並んで、その靴を買いに行く予定なんだとか。

ライバルが増えるので詳細は話せないという辻本から、「どこ?なんてやつ?」と、じわじわ情報を引き出そうとする水野。

「ランニングシューズなんですけど、海外の。それが日本とコラボして、特殊な作りで出すみたいな」

水野の誘導尋問に、どんどん言わされてしまう辻本。

水野は「買って売ったら、倍ぐらいの値段で売れるぐらいレア度が高い」というそのシューズに、興味津々の様子。

早速ジャッジのお時間です。

辻本「3万円ちょうだいのお願い、聞いてくれますか?」
水野「無理」

水野の答えは普通に×。

辻本の話を聞いて、すっかり自分もそのシューズが欲しくなってしまった水野。
逆に「3万渡すから俺のも買ってこいよ」と、辻本をお使いに出そうとします。

辻本、撃沈。
 

関さばドライブ

続いて2つ目のお願い。

「大分の関さばをドライブで連れてって!」

某旅番組で大分を訪れた水野に「最後の晩餐はこれがいいい」とまで言わしめたという絶品の関さば。

辻本はそれを聞いて、自分も「いつか行きたいな」と思っていたといいます。

しかし、その場所が大分の端っこ。
新幹線を降りてからもかなり車に乗らなければならないような、かなり不便なところなんだとか。

最近車を欲しがっているという水野がめでたく車を購入した暁には、ドライブがてら大分までその関さばを食べに連れて行ってほしいというのです。

名古屋からは片道608キロ・約9時間という長旅ですが、果たして水野の返答はいかに。

いよいよジャッジです。

辻本「大分の関さばにドライブで連れてって!のお願い、聞いてくれますか?」
水野「いいよ」

ただし条件付き。

「大分からレンタカーです」

自分もまた食べたいという水野。

ですが、体力的に厳しいのでマイカーではなく、新幹線で食べに行こうということで話がまとまりました。
 

最悪"お"を付けてほしい

いよいよラスト1つです。

「呼び方を変えてほしい!」

このお願いを聞いた途端に、笑いが止まらなくなる水野。

辻本によると、水野と辻本は「おいお前!」と仲良く呼び合っている仲。

ですがいつの頃からか辻本は、水野から「ちんこ」と呼ばれるようになったというのです。

「お笑い好きだし、受け入れてはきたんですけど。ふと、『なんで俺、ちんこって呼ばれてるんだろう』と思って」と、我に返ったという辻本。

辻本が説明する間も、水野の笑いは止まりません。

ちんこと呼ばれ出したのは約3年前。

「しかも、『おいちんこ!』。このテンション。かわいがる気ゼロよ」と嘆く辻本。

最近はスタッフの目も気になるようになってきたといいます。

「ちょっとね、ちんこが雑なのよ」ということで、辻本の主張は「最悪"お"を付けてほしい。『おちんこ』ならまだいいかなと思って」

話は意外な方向へ転がって行きました。
 

「おっくん」の説明

「男性のシンボルのアレとはイコールじゃない話してますからね。あだ名ですからね。シモネタではない」と言い訳を始める水野と、「たまたまそう呼ばれだしたんで。もうちょっとかわいく。"お"を付けてもらうとか」と辻本。

水野「『おい、おちんこ!』って言えばいいの?」
辻本「そう、あとはもう『おちんちん』にするか」

辻本の主張としては、「ちんこ」は雑で「もしかしたらあの子いじめられてるのかな?」と感じる人がいるかもしれない。
一方、「おちんちん」だと「仲いいんだな」というのが伝わるというのです。

「できれば、おちんちんの方がかわいいから。どうしてもっていうなら、おちんこかな」という辻本ですが、ここで「おっくん」という新しい呼び方も提案します。

誰かに理由を尋ねられたら、「元々ちんこって呼ばれてて、おちんこになって、おっくんになりました」と説明することできる、と想像を膨らませる辻本。
 

「優しいよね、その方が」

というわけで、ラストジャッジです。

辻本「辻本達規の呼び方。お願い聞いてくれますか⁉︎」
水野「無理」
辻本「なんでやねん、オイ!」

「ちんこ」は言い慣れてしまってるため、出てしまうことがあるという水野。

水野「ちんこと、おちんこで。おちんこを追加する。で、そのうち『おーちん』とか」
辻本「おっ、いいじゃんいいじゃん!おーちん、いいじゃん!」

「おーちん」に好感触の辻本。

水野「オースティンでもイケる?。変化球来るかもしれん」
辻本「オースティンか!…まあいけるでしょ」

今後、いろいろと投げ続けるという水野。

万が一辻本が新しい呼び名に反応しなかった場合は、「ちんこ」に戻るという結論に至りました。

この後辻本がどう呼ばれるようになったかは、またこの番組で報告すると約束した辻本。

水野「おちんこに1回シフトチェンジしてみるわ」
辻本「優しいよね、その方が。優しい方がいいと思う、結局ね」

おちんこが優しいのかどうかという疑問は置いておいて、辻本の報告を楽しみに待つことにしましょう。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2018年10月22日22時44分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×