BOYS AND MEN 栄第七学園男組

ボイメンファミリーも半信半疑!?納豆にアレを混ぜたらおいしい説

名古屋を中心に活動するエンターテイメントグループ、"ボイメン"こと"BOYS AND MEN"がお送りする『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。

いつもは3人体制なのですが、今回は水野勝吉原雅斗の2人だけで番組は進行。

「人数が少ないので、落ち着いた番組にしたい」という吉原の意向により、今の天気の様子を伝えるという情報番組のようなテイストで番組は始まりました。

[この番組の画像一覧を見る]

納豆の新しい食べ方を提案!?

この日のメッセージテーマは「私が発見したこと」でしたが、番組にこんなおたよりが届きました。

「最近、納豆にいろいろな物を入れて食べるのにハマっているのですが、納豆とコーヒーゼリーを混ぜて食べると、おいしいことを発見しました!」(Aさん)

吉原は「僕は結構納党(豆)で、いろいろ研究したりしてるけど、これは何か合う気しないけど……」と、にわかに信じがたい様子。

ただ、「百聞は一見に如かず」という言葉もあるように、実際に試してみないとわかりません。

そこで、ボイメンの弟分・妹分である、"祭nine."の神田陸人・野々田奏、"ボイメン研究生"の米谷恭輔、"おとめボタン"の上田美沙季・山川紗希が食べてみることに。

ここで活躍すれば、5月21日ボイメン不在時の代打パーソナリティーに抜擢されるかもしれません。

サイコロで抽選した結果、神田が生放送中にコンビニで納豆とコーヒーゼリーだけでなく、水野と吉原に合いそうな「何か」を買ってきてもらうことにしました。

新しいスイーツ誕生の予感!?

約30分後、スタジオに戻ってきた神田が、早速納豆とコーヒーゼリーを混ぜてみました。もちろん、しょうゆとカラシは入れません。

混ぜられていく様を見ていた人は全員「絶対食いたくない」「見た目があまり良くない」と酷評。
そして、混ぜていくうちに、コーヒーゼリーについていたクリームの色で、納豆が白くなっていきます。

そうして完成した納豆コーヒーゼリーですが、「誰か食べる人!」と言われても、誰も立候補する人がいません。

そこで、ブースの外にいた土田拓海を急遽呼んで、食べてもらうことにしました。

食べてみてしばらく無言の後、「意外といけるかもしれない」と、意外な返答。しかし、正式な出演者ではないという宿命により、食べた後すぐに出番はなくなってしまいました。

これで安心したのか、続いて山川が挑戦しましたが、「おいしい、クリーミー。納豆の食感いいですね」と、またもポジティブな感想が出てきました。

メンバーの感想を信じて上田も食べてみたところ「……おいしい。新しいデザートです」と、女子に人気が出そうな予感が。

この後何人か試してみましたが、Aさんのおたより通り、おいしいことが実証されました。

納豆大好き!吉原の見解は?

と、ここでコーナーが終わるかと思いきや、やはりボイメンの2人にも食べてもらうべきだという流れになり、納党の吉原が挑戦しました。

「見た目最悪」と言いつつ、これまでと同様、おいしいというコメントが出ると思いきや、「うまくはねーよ!食べれんことないけど」と言い、「別々に食べた方がおいしい」と、身もフタもないコメントを述べていました。

それならと、もう1個買っていた「ミルクたっぷりタイプのコーヒーゼリー、後程どうですか?」と勧められていましたが、「後程は大丈夫です」とキッパリ断っていました。
(岡本)
BOYS AND MEN 栄第七学園男組
この記事をで聴く

2018年05月07日23時32分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報