亜咲花 Animetick Night

声優・東山奈央、おうち時間で挑戦したこと

声優の東山奈央さんはデビューして以来、声優活動のみに力を注いできたせいか、家事はまるで苦手だったとか。

そんな東山さん、最近の自粛期間中に今までなんとなく避けてきた家事に挑戦したそうです。
8月29日放送の『亜咲花 Animetick Night』から。

[この番組の画像一覧を見る]

お家時間にしたことは?

今週のゲスト、声優の東山奈央さんは今年で活動10周年を迎えたそうです。

昨今は外出をできる限り控え、お家で過ごすことが推奨されていますが、声優やアーティスト業界にもその風潮は取り入れられているようで、自宅期間の過ごし方について話が盛り上がりました。

亜咲花「たっぷりお休みできたのかな?どうですかね?」
東山「かなりお家にいましたね」

東山さんもしっかり休めたと聞いて、よかったと胸を撫で下ろす亜咲花
自粛期間中にしていたことを尋ねます。

東山「この歳でやばいんだけど料理もできないし、洗濯もできないし、掃除もしたことがあまりないし…」
亜咲花「お家時間をきっかけにお掃除とかにも触れて?」

声優デビューしてこのかた10年、今までお仕事のことしか考えてこなかったと東山さん。
洗濯機に沢山付いているボタンを見て全部使うのかと疑問に思うくらい、家事に疎かったと打ち明けます。

東山「このアラサーやばいよ」

母親に教えてもらってお手伝いしたりしながら、自粛期間中に少しずつ”普通の生活”を学んだそうです。
 

10周年記念アルバムを発表

活動10周年の記念に、声優として何か届けたいと考えた東山さん。

そこで考えたのが、キャラクターソング(アニメのキャラクターとして歌った曲)を集めたキャラソンアルバムの発表だったそうです。

亜咲花「ファンの皆さんも待っていたという期待感があったと思う」
東山「レーベルの垣根があるから大変そうだけど、実現できたらアニバーサリーな1枚になる」

選曲はすべて自分でやったとのことで、どんな曲が収録されているのか亜咲花も気になる様子。

東山「選ぶのが難しくて。250曲くらい今まで歌わせて貰っている」
亜咲花「ええ!?すごっ」
東山「収録できる曲には限りがあるから…」

そこで選んだのが、ファンが聞きたいと思っているメジャーな曲や東山さんだからこそ知っている裏話や思い入れがある曲で、とくに聞いて欲しいと感じたものを選んだそうです。

表題曲ばかりではなく、カップリング曲も入っていると意気込みを語りました。
時間さえあればアルバム収録分の25曲全部、紐解いていきたかったと悔しがる亜咲花
 

それぞれの『SHINY DAYS』

東山さんと亜咲花は、日常キャンプアニメ『ゆるキャン△』でそれぞれキャスト、主題歌を担当しており、以前から交流があったようです。

今回、亜咲花が歌う主題歌「SHINY DAYS」を東山さんがカバーしたそうで、これには亜咲花も大興奮。

亜咲花「自分の曲が誰かの思い出の曲になっていると体感できて、初めて聞いた瞬間涙した」

大好きな先輩の1人である東山さんに楽曲をカバーしてもらえたことが嬉しくて、半泣きになりながらLINEのメッセージを送ったそうです。

亜咲花「歌い方とかも私とは違うじゃないですか」

東山さんのカバー楽曲は、湖にいるような感じだと亜咲花
『ゆるキャン△』にも登場した、富士山の麓でキャンプしているシーンを思い出したそうです。

亜咲花「私のは前進するキャンプ。奈央さんのはちょっと大人なキャンプ」
東山「歌うからには、また別のよいものを作らないと原曲や亜咲花ちゃんにも失礼だと思って」

亜咲花のソウルな感じとは反対にポップさを意識して歌唱したと、カバーソングへの思い入れを語った東山さんでした。

セットリスト
M1 東山奈央「SHINY DAYS(cover)」
M2 東山奈央「一度だけの恋なら ~Reina Solo~」
M3 亜咲花「SHINY DAYS」
 
亜咲花 Animetick Night
この記事をで聴く

2020年08月30日03時33分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報