亜咲花 Animetick Night

声優・小原莉子、地元でゴスロリにハマっていた時代

岐阜県出身の声優・小原莉子さんは、昨年柳ヶ瀬商店街(岐阜県岐阜市)で開かれた「全国エンタメまつり」に応援大使として出演したそうです。

郷土愛にあふれる小原さんがイベントの感想や今後の意気込みを語りました。
8月22日放送の『亜咲花 Animetick Night』から。

[この番組の画像一覧を見る]

地元・岐阜でもっと活躍したい!

声優の小原莉子さんは、メディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』内の女性バンド『RAISE A SUILEN』メンバー・ロック役を担当。

岐阜市の柳ヶ瀬商店街で毎年8月に開催される、さまざまなアニメ・ゲームのグッズ販売や新作体験会を兼ねたイベント『全国エンタメまつり(通称ぜんため)』。
昨年、その応援大使を務めた小原さんは岐阜県出身で故郷に錦を飾れて嬉しかったそうです。

意外なことに小原さんは、名湯として知られる県内の下呂温泉には行ったことがないのだとか。
時勢を考慮しつつ、早めに遊びに行きたいと明かします。

亜咲花「東海の方には帰ったりしてたんですか?」
小原「年に1、2回。亜咲花さんは?」
亜咲花「意外と地元でお仕事させてもらえることが多くって。だからあえてホテルを取らずに実家に帰ったり」

ただ愛知と違って岐阜は田舎なため、なかなか仕事が得られる機会が少ないそう。
いつか地元でライブできたら嬉しい、と将来の展望を語る小原さん。
イベント中にはライブやトークショーも開催されているので、いつか出演者としてそのステージに立つ日が来るかもしれません。

二人の意外な共通点はゴスロリ

小原さんはよく名古屋市へ遊びに行っていたそうです。

小原「当時ゴスロリ(ゴシック&ロリータ)服にハマっていたので。栄にゴスロリ屋さんがあったんですよ」
亜咲花「ありましたね!今はあるかわからないんですけど」

衣料品チェーンストアやCDショップがあるビルに一緒に入っていたと亜咲花
どうやら小原さんも同じお店を想像していたようで、一気に盛り上がります。

亜咲花「私もハマってた時期があって、そこと大須で買いそろえて…」

本格的にゴスロリ服を着ようと思うとドレスのほかにウィッグやアクセサリーも必要になるそうで、それらのセットを栄や大須商店街で買い求めていたとのこと。

亜咲花「親近感!」
小原「急になんか(距離が)縮まりましたね」
亜咲花「でもゴスロリハマってたなんて意外です」

本当に大好きだったと小原さん。
ゴスロリ服は他の服と比べて高くなる傾向にあるので、当時は頑張ってお金を貯めて購入していたと回想します。
 

山と田んぼばかりの故郷

折角素敵なゴスロリ服を購入しても、田舎の岐阜県ではなかなか着られなかったという小原さん。

小原「着ても歩く場所がない。田舎なので。ショッピングモールで徘徊して…」
亜咲花「岐阜だと場所が限られますよね」
小原「そうなんですよ。かなり山!山!山!で」

愛知県は憧れの土地だったという小原さん。

一方、名古屋出身の亜咲花は、下呂温泉に行ったり飛騨牛を食べたりするために、家族で岐阜旅行に行っていたとのこと。
ただ隣の県にもかかわらず、岐足を運ぶ機会はそれほど多くなかったと明かします。

亜咲花「なんでもっとあの自然溢れる土地へ行かなかったんだろうって、上京してから後悔しているんですよ」

下呂温泉を訪れたことのない小原さんも「地元の観光地はいつでも行ける」と思っていたらしく、先延ばしにしていたことを後悔している様子でした。

セットリスト
M1 RAISE A SUILEN「SOUL SOLDIER」
M2 RAISE A SUILEN「Beautiful Birthday」
M3 亜咲花「Raise Your Heart!!」
 
亜咲花 Animetick Night
この記事をで聴く

2020年08月23日03時35分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報