亜咲花 Animetick Night

アニソンファンこそ注目!伊藤彩沙&亜咲花が語る「新撰組ツアー」の魅力

京都出身の声優・伊藤彩沙さんは地元で開催されるアニソンライブでオフィシャルアンバサダーを務めています。
このライブに参加した亜咲花は、学生の頃から大好きな京都とそのおもてなしへの愛を語りました。

7月4日放送の『亜咲花 Animetick Night』から。

[この番組の画像一覧を見る]

中学時代にひとりで京都へ

ガールズバンドプロジェクトBanG Dream!で市ヶ谷有咲役を演じる声優の伊藤彩沙さんがゲストに登場。

かつて共演した、京都で開催のライブイベント「京 Premium Live」の思い出を語り合う二人。
伊藤さんは「地元・京都でアニソンのイベントができることが嬉しい」と話します。

出演者には人力車や抹茶などのおもてなしがあるとのこと。
せっかく京都へ来ても仕事だけして終わりになりがちなため、「京都の皆さんがおもてなししてくれるのは嬉しい」と頷く亜咲花

亜咲花「去年なんかクレープ屋さんが来た」
伊藤「亜咲花ちゃんはめっちゃ楽しんでくれているのがわかる」
亜咲花「Twitterで人力車の話ばかりしてるもん、私」

遠征で京都を訪れる遠方のファンも多いため、出演者だけでなくファンの方にも、もっと京都の良さが広まってほしいと話します。

亜咲花「京都大好きなの。新撰組がすごく好きでね」

中学生の頃も愛知から京都まで1人で遊びに行って、新撰組ツアーなどをしていた亜咲花
次々と京都の観光名所を挙げて、伊藤さんを感心させます。

伊藤「私より京都詳しいんじゃない?」
亜咲花「新撰組だけ!」
 

京都弁が一番おしとやか

話題は京都弁について。
すべての方言の中で京都弁が一番綺麗だと思っている亜咲花

亜咲花「博多弁と京都弁ってすごくおしとやかなイメージがあって」
伊藤「濁点があんまりないからかもしれないね」

「~しはった」のように濁点がなくハ行の発音が多いところが、京都弁が綺麗に聞こえる理由ではないかと伊藤さん。

亜咲花「彩ちゃんが言うとまた京都弁が美しく感じますね」
伊藤「えぇ~そんな困っちゃいますわ~、いいんどすかぁ~?」
亜咲花「今度もてなしてもらおう」

舞妓さんとかしてほしいとお願いする亜咲花に、「やるどすやるどす」とノリよく返答する伊藤さん。
適当にあしらっているように聞こえる口ぶりに、亜咲花も思わず笑い出します。

愛知の方言は東京風のアクセントのわりに、文法的には関西弁の要素も。
「行かない」と言いたい時は「行かへん」になったり、京都弁と名古屋弁には共通点があるようです。
 

二人の出会いは「アニサマ」

二人が出会ったのは、アニソンイベント「Animelo Summer Live(アニサマ)」。

伊藤さんが楽屋で準備していると、リハーサル中の歌声が聞こえてきて、モニターを見たら亜咲花だったそうです。

伊藤「すごいと思って、あとから亜咲花ちゃんだと知った」

亜咲花曰く、出演当日にトラブルがあり急遽リハーサルしなければいけなかったそう。
ただ、リハーサルすると楽屋のモニターにすべて映し出されてしまうとは知らなかったとか。

亜咲花「思いっきりドスッピンでTシャツに真っ黒いズボンにメガネにキャップ!」
伊藤「そうそう(笑)」
亜咲花「明らかに不審者みたいな格好でリハーサルしたの。誰も見ていないだろうと思って」

後日、知り合いには「あれ亜咲花ちゃん?場当たりのスタッフかと思った」と言われたそうです。
伊藤さんはてっきり亜咲花をシークレットゲストだと思っていたそうで、とても印象的な出会いだったと語りました。
(nachtm)

セットリスト
M1  Poppin'Party「Breakthrough!」
M2  Poppin'Party「ミライトレイン」
M3  亜咲花「SHINY DAYS」
 
亜咲花 Animetick Night
この記事をで聴く

2020年07月05日03時36分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報