亜咲花 Animetick Night

八王子市が癒しオーラに包まれた!伊藤美来の5thライブ

女性声優シンガーの伊藤美来さんが、6月13日放送の『亜咲花 Animetick Night』(CBCラジオ)に出演しました。

パーソナリティの亜咲花は、昨年自分のライブの前日にもかかわらず伊藤さんのライブに参加。
強行日程で参加したライブで、伊藤さんの癒しオーラから元気をもらった思い出を亜咲花が語りました。

[この番組の画像一覧を見る]

伊藤美来のライブに癒やされた!

声優業とアーティスト業を両立して活躍する伊藤さん。
同年代の同業者という視点だけでなく、ひとりのファンとしても応援し、”みっく”と呼ぶ間柄の亜咲花
自身のワンマンライブ前日、伊藤さんの5thライブに参加しました。

普通なら参加を諦めてしまうようなスケジュールですが、マネージャーに頼み込み、なんとか観客席に座ったそうです。

亜咲花「すごく幸せだった。それでワンマンライブ乗り切れたもんね」
伊藤「ホント?元気になれた?」

元気どころの騒ぎではないと、ライブに参加した日のワクワク感を思い出す亜咲花
ライブが行われた八王子会場全体が癒しオーラに包まれていたと振り返ります。

亜咲花「お客さん全体が本当にみっくに癒やされたってわかった時間」

伊藤さんから発される癒しオーラに思わず表情筋が緩んでしまったと話す亜咲花に、そんなにヒーリング効果あるかなと首を傾げる伊藤さん。
さらにこの5thライブは映像化されるそうです。
 

メイキング映像は恥ずかしい

伊藤さんのライブのエンディングでは、メイキングやリハーサル中の映像をファンの皆と見る時間があるそうです。
その映像を観ながら、同じアーティストでありながら自分とは全く違うリハーサル方法を取っていることに気がついたという亜咲花

亜咲花「みっくのは合宿みたいな感じだった」

スタッフ皆と支え合って1つのステージを作り上げる伊藤さん。
その姿を見て微笑ましくなったと話します。

伊藤「頑張ったよぉ!」
亜咲花「でもみっくはメイキング映像自分で見るの恥ずかしかったりするんでしょう?」
伊藤「そうなの!」

メイキング映像では、パフォーマンス中にファンを意識した表情や仕草だけでなく、素顔が見られてしまうことに恥ずかしさを感じるそうです。
カメラが回っている間にかっこいい言葉が言えればいいのにと思っても、それができないと伊藤さん。

ドキュメンタリーやメイキング映像で良いことを言わなければいけないプレッシャーがある、と頷き合う二人でした。
 

山梨で食べたほうとうの味

伊藤さんの新曲「孤高の光 Lonely dark」では、山梨県の河口湖や山中湖を訪れてMV撮影に臨みました。
今まで伊藤さんが歌唱した曲にはなかった切なさや艶っぽさがよく表現されていると、亜咲花も気に入っているそうです。
湖畔のシーンではまだ日が昇る前の午前5時頃から撮影開始したそうで、撮影の大変さが伺えます。

伊藤「朝早かった」
亜咲花「山梨の河口湖は私も『ゆるキャン△』でよく行くんだけど、すごく自然豊かで」

キャンプを題材にしたアニメ『ゆるキャン△』で主題歌を担当する亜咲花は、その舞台となっている山梨県にたびたび足を運ぶそう。
以前間近に眺めた山梨の自然を思い出して「めちゃくちゃ綺麗だった!」と絶賛する二人。

亜咲花「なんか食べたりして帰った?」
伊藤「ほうとう食べた!夜ご飯に!美味しかった!」

山梨県が誇る郷土料理の味に「最高でした」と太鼓判を押す伊藤さんと亜咲花でした。
(nachtm)

セットリスト
M1  伊藤美来「孤高の光 Lonely dark」
M2  伊藤美来「Sweet Bitter Sweet Days」
M3  ANIMELO SUMMER LIVE 2020 -COLORS- テーマソング「なんてカラフルな世界!」
 
亜咲花 Animetick Night
この記事をで聴く

2020年06月14日03時33分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報