#むかいの喋り方

パンサー向井、秘密基地が暴かれる恐ろしさと悦び

お笑いトリオ「パンサー」の向井慧がパーソナリティを務める番組、『#むかいの喋り方』(CBCラジオ)。

11月12日の放送では、中京エリアでこっそりやっていたはずのこの番組が、じわじわと全国展開されてきている恐ろしさと嬉しさを、向井が語りました。

コラムニストも絶賛!

向井はかねてから『#むかいの喋り方』を、「地元の局のCBCで、あまり東京の人には知られないように、小っちゃく秘密基地みたいな形で、僕の好きなことを話しているラジオ」と語っており、言わば隠れ家バー的存在の番組でした。

ところが最近「『#むかいの喋り方』が地上に顔を出し始めてるんじゃないか」と向井は言います。
それを感じさせるメールがリスナーから届きました。

「radikoのタイムフリーで、東京ホテイソンの2人と、声優の井口裕香さんがパーソナリティを務める、文化放送の『RADIO Uno Zero』(ラジオ ウノゼーロ)を聴いていました。

今回の放送は、ラジオコラムニストのやきそばかおるさんをゲストに迎え、オススメのラジオ番組をランキング形式で紹介するというものだったのですが、なんと!『#むかいの喋り方』が第2位にランクインしていました。

やきそばさんは、向井さんの2時間半の1人しゃべりを絶賛。東京ホテイソンの2人も『聴いてみよう』とおっしゃっていました」

やきそばかおるさんは本当にラジオが好きで、全国津々浦々のラジオ番組をつぶさにチェックしており、日本一のラジオ通と言っても過言ではありません。
そんな人物に番組を褒められ、お笑い芸人の後輩にも興味を持たれ、向井は悪い気はしないはずですが…。

地方でイキッてる

「あんまり芸人に聴かれたくないのよ(苦笑)。知らない場所でイキッてるみたいな感じがしないかい?
『あいつ、東京ではペコペコしたり、空気読んだり、周りのバランス取ったりしてるくせに、何か地方では羽伸ばしてやってんの?』って思われるのって恥ずかしいじゃない」

向井もその放送を聴いたようで、さらにバツが悪そうに続けます。

「やきそばかおるさんの褒め方も、『グランメゾン東京の話を1時間するんですよ』って言ってたんだけど…
何か、ダメなラジオじゃん、それ(笑)。いや、してるけど、1時間はしてないよね?
30分くらい、日頃思ったことを話して、あとの30分は、観たドラマの話とかさ。

紹介していただいて本当にありがたいんですよ。ただ、東京ホテイソンがどんな気持ちで聴くかってこと。『あいつ、地方で1時間ドラマの話するっていう、ユル~いラジオをやってんの?』って思われると、ちょっと恥ずかしいかな、みたいな(笑)」

向井は最近番組内で、『凪のお暇』(TBS系)や『同期のサクラ』(日本テレビ系)など、ハマったドラマの感想を熱く語ることが多く、木村拓哉さん主演『グランメゾン東京』(TBS系)もそのひとつなのでした。やきそばさんには、それが衝撃だったのでしょう。

多少の気まずさはあるものの、他局でプッシュしてくれたことに感謝する向井なのでした。

すみません、やきそばかおるさん、すみません!

その後、様々なフリートークを挟み、放送開始から45分ほど経過した頃。

「まあ、またかって言われるかもしれないですけど、この番組の話をさせてください。えー、『グランメゾン東京』の話をさせていただきたいんです(笑)。
すみません、やきそばかおるさん、すみません!生意気言いましたけど、やっぱりこの番組はほぼ『グランメゾン東京』でできております(笑)」

向井、我慢できませんでした。
しかし、ここで驚くべき事実が明かされます。

「でもね、ここで『グランメゾン東京』の話をしてたことによって、何と実は!
この番組を聴いていただいてたのか、ある番組のスタッフさんから『向井さんに、グランメゾン東京について話してもらいたい』という仕事が来まして。
しかも何と!私がキムタクさんに質問ができるんですって!(笑)すごくない?」

好きで話してたことが仕事につながるという、まさにドラマティックな展開となったのでした。
この“ドラマ”がどんな結果になるのか、期待しましょう。
(岡戸孝宏)
#むかいの喋り方
この記事をで聴く

2019年11月12日22時12分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報