多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

おいしさ染み染み、とろっとろ!里芋と豚肉のいり煮

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

9月28日のレシピはとろとろの食感!「里芋と豚肉のいり煮」です。
ダイレクトに入れる削り節も大活躍!
ぜひお試しいただきたい一品です。

[この番組の画像一覧を見る]

具材の下処理から!

里芋4~5個(300g)は汚れを洗い落とし、皮付きのまま、表面に浅めに切り込みを入れてから、熱湯に入れ、強火で6~7分ゆでて表面に火を通します。
その後、濡らしたキッチンペーパー(もしくは濡れ布巾)で皮をむき、大きければ、半分に切ります。



豚バラ肉200gは1センチの厚さに切り、火を止めた熱湯に3分つけ、その後ぬるま湯で洗い、水気をふき取ります。

後は鍋で完結!

鍋に油大さじ1/2をいれ、弱火で2分かけて、なじませて、一度冷まします。



鍋を再度、火にかけ豚バラ肉をいれ、焼き色がつくまで炒めた後、里芋を入れて2分ほど炒めます。



鍋に水1カップを入れて、一度煮たてて灰汁を取ったら、削り節5gを入れ、【A】(砂糖大さじ2、みりん大さじ2)を加えて、落し蓋をして5分ほど煮ます。
そこに【B】(淡口醤油大さじ2)を入れ、さらに5分ほど煮ます。



落し蓋を取り、里芋に竹串がスッと入ったのを確認したら、鍋を回して、煮汁を絡めます。
煮汁が1/3くらいになるまで、煮詰めていき、味を調えます。
香りづけに【C】(淡口醤油大さじ1/2)を回し入れ、火を止め冷まします。



器に盛り、ゆでたインゲンを添えて完成です。

最高の組み合わせ!

桐生「豚肉に里芋のうまみが絡んでますね!里芋のとろみも!」
関先生「よく言っていただきました!」
桐生「この組み合わせ、最高!」

*最後に冷ましておくことで味が染みます。


(たろぼー)
 

材料(4人分)

里芋 4~5個(300g)

豚バラ肉(ブロック) 200g

油 大さじ1/2

水 1カップ

削り節 5g

【A】
・砂糖 大さじ2
・みりん 大さじ2

【B】
淡口醤油 大さじ2

【C】
淡口醤油 大さじ1/2

インゲン お好みで


 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2021年09月28日08時34分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報