多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

タレが命!豚肉の香味焼き

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

9月21日のレシピはおいしいタレとのマリアージュ「豚肉の香味焼き」です。
お肉の焼き方で絶品が出来上がります。
ぜひお試しいただきたい一品です。

[この番組の画像一覧を見る]

豚肉を焼いていきます!

豚肩ロース肉320~400gの所々に切れ目を入れます。
(火の通りをよくして、肉の縮みを少なくします)



フライパンに油大さじ1/2を入れ、強火で熱し、豚肩ロースを入れ、肉の表面が膨らんで浮き上がり、焼き色がついたら、ひっくり返して、反対側にも同じように焼き色を付けて、8~9割程度火が通っている状態で取り出しておきます(余熱で火を通します)。


 

タレの登場!

フライパンの油をふき、合わせておいた【A】(淡口醤油大さじ3、みりん大さじ2、酒大さじ1、砂糖大さじ1、ごま油小さじ1、ネギみじん切り大さじ3、ニンニクみじん切り大さじ1、生姜みじん切り大さじ1)を入れて火にかけて1分程度煮詰めます。



ここに豚肩ロースを戻し、タレを30秒ほど絡め、再度、肉を取り出して皿に盛り、残りのたれをもう少し煮詰め、肉にかけます。



付け合わせにたっぷりの付け合わせの野菜を添えて完成です。

万能タレができる!

桐生「お肉がやわらかい!
   すごくおいしいこのタレ!
   タレだけでもご飯が進みそう」

関先生「付け合わせの野菜にもタレが合います」

*素早く焼いて肉を取り出し、後でタレを絡め、再度取り出して、タレをかけるこのような焼き方をすると肉が固くならず、おいしく焼けます。


(たろぼー)
 

材料(4人分)

豚肩ロース(ステーキ用) 320~400g (80~100g×4枚)

油 大さじ1/2

【A】
・淡口醤油 大さじ3
・みりん  大さじ2
・酒   大さじ1
・砂糖  大さじ1
・ごま油 小さじ1
・ネギみじん切り 大さじ3
・ニンニクみじん切り 大さじ1
・生姜みじん切り 大さじ1

付け合わせ
お好きな野菜(例:キャベツ、ニンジンの千切り、かいわれ大根など)



 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2021年09月21日08時31分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報