多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

味の染みたキャベツも絶品!キャベツ焼売

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

8月31日のレシピはフライパンでそのまま食卓へ「キャベツ焼売」です。
肉のうまみがキャベツに移っておいしいです!
ぜひお試しいただきたい一品です。

[この番組の画像一覧を見る]

団子を作っていきます!

【A】キャベツ100gは粗みじんに切ります。【B】キャベツ200gは千切りにします。

白はんぺん1/2枚はみじん切りにします。

焼売の皮は3ミリの細切りにし、ぱらぱらに分けておきます。



豚ひき肉200gと【C】(淡口醤油大さじ1、酒大さじ1、砂糖小さじ1、ごま油小さじ1)をボウルに入れて、粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。



ボウルにキャベツⒶと白はんぺんと【D】(しょうがみじん切り大さじ1、ねぎみじん切り大さじ2)を加え均一に混ぜ込み片栗粉大さじ1を入れて、よく混ぜたら、16個に丸めます。



空気も抜いて丸めます。


 

後はフライパンで完結!

フライパン(26センチくらい)に【B】のキャベツ広げて、ここに合わせておいた【E】(水1/2カップ、淡口醤油大さじ1、鶏がらスープの素小さじ1/2)を全体に振りかけます。
この上に肉などの具材を丸めたタネを並べ、切った焼売の皮をかぶせるようにのせます。



蓋をして蒸気が上がるまで強火で熱し、そのあと中火にして6~7分蒸し煮にします。



蓋を取って【F】の水大さじ2を全体に振りかけて強火にして水分を飛ばします。



お好みで練り辛子をつけて、完成です!

味のしみ込んだキャベツも絶品!

桐生「肉汁が下のキャベツに染みてる!」
関先生「キャベツのほうにつくんです」
桐生「しっかり味ついてますね!」

*味をしっかり吸うので下のキャベツ【B】は分量を増やしてもOKです。


(たろぼー)

材料(4人分 16個分)

【A】キャベツ 100g
【B】キャベツ 200g

豚ひき肉 200g

【C】
・淡口醤油 大さじ1
・酒    大さじ1
・砂糖   小さじ1
・ごま油  小さじ1

【D】
・しょうが(みじん切り) 大さじ1
・ねぎ(みじん切り) 大さじ2

白はんぺん 1/2枚

片栗粉 大さじ1

【E】
・水    1/2カップ
・淡口醤油 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1/2

焼売の皮 8枚

【F】水 大さじ2

練辛子 お好みで


 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2021年08月31日08時31分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報