多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

春のハーモニー あんかけ焼きそば春仕立

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

4月20日のレシピはあさりの旨味、ふわふわ卵の食感「あんかけ焼きそば春仕立」です。
それぞれの食材をあさりの旨味が包み込みます!
ぜひお試しいただきたい一品です。

[この番組の画像一覧を見る]

焼きそばの麺にしっかりと味付けをします!

焼きそば麺2袋は袋から出してザクザク切り、パラパラにほぐし、【A】(淡口醤油小さじ1、鶏がらスープの素小さじ1/2、水大さじ2)を均一に振りかけ、5分くらい置きます。



フライパンに油大さじ1/2を熱し、味付けした麺を入れ、フライパン全体に広げ、押さえつけて、焼き色を付けます。
片方が焼けたらひっくり返して、5分くらいをめどに全体に焼き色を付けていきます。
そのあと、お皿に盛りつけます。

あさり200gはきれいに洗って、ザルにあげて、水きりをしたら、【B】(水2カップ、酒大さじ2)と一緒に鍋に入れ、中火で加熱します。
全部のあさりが開いたら、火を止め、あさりを取り出します。



菜花100gは3センチの長さに切って、新タマネギ1/2個(150g程)は薄切りにして、カニカマ100gはほぐしておきます。
 

あさりの煮汁の旨味を有効活用!

あさりの汁を煮立て、菜花、新タマネギ、カニカマを入れ、ひと煮立ちしたら【C】(淡口醤油大さじ2、砂糖小さじ1)で味を調え、【D】(片栗粉大さじ2、水大さじ4で作った水溶き片栗粉)を回しかけ、とろみをつけ、【E】(酒大さじ1、水大さじ2)と卵2個を溶いて合わせたものを流し入れます。
ざっくり混ぜて火を止めます。

焼いた焼きそばの麺に一つ前の工程で作ったあんをかけ、取り出しておいたあさりを散らします。
お好みで胡椒や練り辛子を添えたら完成です。


 

麺に味をつける手間が決め手の一つ!

桐生「麺に付けた味、大事ですね!あさりの味と相まって香ばしくって優しい味」

関先生「そう!これが春仕立てなの!」

*あさりは茹ですぎると固くなるので注意してください。
*あさりの砂出しは1晩、塩水につけてください。
(ベルセルク太郎)

材料(2~4人分)

焼きそば(蒸し焼きそば) 2袋

【A】
・淡口醤油 小さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・水 大さじ2

油 大さじ1/2

あさり 200g

【B】
・水 2カップ
・酒 大さじ2

菜花 100g

新タマネギ(大き目) 1/2個(150g程度)

カニカマ 100g

【C】
・淡口醤油 大さじ2
・砂糖   小さじ1

【D】(水溶き片栗粉)
・片栗粉 大さじ2
・水 大さじ4

卵2個

【E】
・酒大さじ1
・水 大さじ2

胡椒 お好みで

練り辛子 お好みで

 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2021年04月20日08時32分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報