多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

洋風に見えて和風!蛤とカリフラワーのスープ

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

3月2日のレシピは蛤の旨味を堪能できる「蛤とカリフラワーのスープ」です。
淡口醤油が美味しさを引き出してくれます!
ぜひお試しいただきたい一品です。

[この番組の画像一覧を見る]

蛤の蒸し汁は捨てないで!

蛤8個はきれいに洗って水切りします。
フタつきの鍋に蛤を入れます。
その鍋に【A】(白ワイン大さじ4、水大さじ2)も入れ、フタをして、強めの中火で蒸し煮にします。
すべての蛤の口が開いたら、火を止めて蛤と蒸し汁を別々に分けて取り置き、鍋は空にします。
 
タマネギ1/2個(100g)は薄切りに、ニンジン1/4本(50g)は皮をむいて、短冊切りにします。
セロリ1/3本(40g)は筋を取って薄切りにします。

カリフラワー1/2~1/3個(150g)は小房に分けます。
ミニトマト8個はヘタを取って半分に切ります。
 

蛤を蒸した鍋が活躍!

蛤を煮た鍋にオリーブオイル大さじ3を入れ、さらにタマネギ、ニンジン、セロリを入れ、中火で5分ほど焦がさないように炒めます。

その後、水4カップと鶏がらスープの素大さじ1/2、蛤の蒸し汁を入れて煮たてます。

そこにカリフラワーを入れ、5分ほど煮たところに、ミニトマトと蛤を入れて、2~3分煮ます。
この間に淡口醤油大さじ3、胡椒をお好みの量入れて、味を調えます。

味を調えたら、器に注ぎパセリやセロリの葉っぱを散らしたら完成です。

シンプルなのにとっても美味しい!

桐生「見た目洋風ですね。味も初め洋風ですが、和の雰囲気ですね!」
関先生「そうなんですよ!」
桐生「蒸し汁が効いてる」

*蛤をはじめに茹ですぎないことで、固くなるのを防ぎます。
*ニンジンを花形に切ると見た目もより一層、きれいになります。

 

材料(4人分)

蛤 8個

【A】
・白ワイン 大さじ4
・水    大さじ2

タマネギ 1/2個(100g)

ニンジン 1/4本(50g)

セロリ 1/3本(40g)

カリフラワー 1/2個~1/3個(150g)

ミニトマト 8個

オリーブオイル 大さじ3

水 4カップ

鶏がらスープの素 大さじ1/2

淡口醤油 大さじ3

胡椒 適宜

パセリもしくはセロリの葉 お好みで
 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2021年03月02日08時36分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報