多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

石井亮次も絶賛!2つの味が楽しめる広島「はっさく大福」

12月28日放送『多田しげおの気分爽快!!~朝からP•O•N 年末スペシャル』には、『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(CBC・TBS系)でおなじみ、石井亮次が登場しました。

石井はかつて『朝PON』の1コーナー「石井亮次の一品に技あり」などを担当し、JNN・JRN系列で開かれるコンクール「アノンシスト賞」で、2003年度ラジオ「フリートーク部門」の最優秀賞を獲得。

今回は古巣での凱旋出演となりました。

[この番組の画像一覧を見る]

郷土料理「みかんもち」とは?

沢朋宏のめっちゃウマお取り寄せリターンズ」コーナーでは、今年沢アナが紹介してきた全国の名物の中でも、特におすすめの商品を再び紹介。

今回紹介するのは、7月1日に放送された広島県広島市からのお取り寄せ、株式会社かしはらさんが手がける「はっさく大福」です。

いちご大福やぶどう大福など、今やいろんなフルーツが入った大福がありますが、このはっさく大福は、お餅の中にみかんの一種であるはっさくを入れているだけという訳ではありません。

はっさくを白あんで包み、その上をさらにみかんもちという、ゆでたミカンとお米をついたお餅で包んだ大福です。

みかんもちは瀬戸内海に浮かぶ因島の郷土料理で、柏原さんが「ミカンをゆでて汚れを落として軽くしぼって、それをお米と一緒に蒸してついている」と説明。

そのため、お餅の色はやや黄色がかっていて、食べるとミカンの香りや味がします。
 

はっさく大福のお味は?

これまではっさく大福について説明してきましたが、やはり「百聞は一食にしかず」。

スタジオにはっさく大福が運ばれてきましたので、石井と加藤愛アナウンサーに食リポをしてもらうことになりました。

多田はここで「1人は全国区のMC、どんな食リポをするのか」と、石井にプレッシャー。

ここで石井は、柏原さんに「RCC、広島で『ゴゴスマ』という番組が1月から始まりますので、広めてくださいね」と、ちょうどネット局に広島が加わるタイミングでしっかり宣伝をしていました。

そして実食の後、まずは加藤アナから感想を発表。

「甘いだけじゃない!…本当のはっさくが入ってるから、まず食べた時に果汁がぶわっと口の中に広がりまして、その後に優しいあんとかの甘さが入ってきて」
 

後から追いかけてくる甘み

そして、次は石井の番です。

「おっしゃる通り、はっさくの果実そのものが入ってます。
餅を噛むと、その奥の果実を噛むと、フレッシュな果汁があふれる。

はっさくは甘いだけじゃない、やや苦味もありますね。
その苦みが白あんと相まって、さらにこのもちもち感。

最後は『後口、さわやかみかん』。これでございます」

甘味と少しの苦味が絶妙というのが、はっさく大福のポイントのようです。

柏原さんは最後に、あらためてはっさく大福について、「他の柑橘類、晩柑類なので苦味がある、それがまたおいしさの秘密かもわかりませんね」とまとめました。

甘さと苦さ、両方の味が楽しめるはっさく大福ですが、全国発送を受け付けているとのことです。
(岡本)
 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2020年12月28日08時35分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報