多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

ニガテ克服!普通のピーマンがおいしくなる方法

ピーマンが苦手というこどもが多いのですが、これは苦味を毒と感じるからだと言われていて、動物もあまりピーマンを食べないとも言われています。

そのため、「こどもがピーマンを食べない…」と悩む親御さんは多いと思いますが、その悩みが解消できるかもしれません。

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』の1コーナー「加藤由香の金曜日の小骨」では、加藤由香アナウンサーが日常生活で気になることを伝えていますが、6月26日の放送では、ピーマンについて取りあげました。

[この番組の画像一覧を見る]

ピーマンにある工夫をすると…

加藤アナは最近、知り合いの方からピーマンをたくさんもらい、どうやって食べようかと思っていたところ、面白い食べ方があると聞いたそうです。

その苦手を克服できるかもしれないという面白い食べ方とは、ズバリ「火を入れずに生のまま食べる」こと。

生だと苦味がストレートにやってきて、よけいに苦手になってしまいそうですが、なんと加藤アナは食感と味が好きになって、ハマり出したそうです。

特にピーマンの品種に指定があるわけではなく、他の食材と組み合わせるわけではないため、本当に手軽にできるものですが、その方法は次のとおりです。

まずはピーマンを半分に切った後、ヘタと中にある綿や種などを取り、それを氷水につけて、2晩置きます。

途中で氷が溶けるようであれば補充しますが、冷蔵庫のチルド室など(冷凍はダメですが)温度が低いところに置くのがおすすめです。
 

実食で意外な感想

ここで加藤アナは、実際に2晩冷やして寝かせたピーマンをラジオブースに持ってきましたが、見た目は普通のピーマンと変わりません。

果たして、味はどう変わるのでしょうか。

パーソナリティーの多田しげおと加藤愛アナウンサーが実食!

普通のピーマンを食べる音と比べて、サクッとした音が聞こえているように感じられますが…。

多田「…ゴメンネ。別に何も変わってない」

まさかの効果なし!となると、ここでコーナーが終わってしまいます。

加藤愛アナ「えっ!?なんかみずみずしくなってる」

加藤由香アナ「そうですよ!こんなパリパリ、サクサク、ピーマンしてないですよ、多田さん(笑)。しかも苦味がそんなに感じられなくなるという」
 

ピーマンの新しい食べ方

ここで多田が、あらためてピーマンについて考えてみたところ……。

多田「苦味というか、エグみが感じられなくなるという。普通のサラダに使う野菜と同じような……。そうか!パプリカを最近は生のままでもちょこちょこ食べさせられているので、普通じゃんと思うのは私がそれと混同してるんだね」

加藤由香アナの苦労が、水の泡にならなくてすみました。

ピーマンと比べてパプリカの方は甘味があり、肉厚が違いますが、ピーマンの苦味がなくなるため、「緑色のパプリカ」として出されても気づかないかもしれません。

水に2晩つけてシャキシャキするのは、もともとピーマンに含まれている水分がなくなっていくため。

また、1晩でもシャキシャキはするそうですが、苦味をよく取りたいという方は、2晩つけた方が良いそうです。

生で食べられるということで、冷たくしてスティック状にするなど、新しい食べ方も試せそうです。
(岡本)
 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2020年06月26日07時40分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報