多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

お正月料理にオススメ!海老の利休煮

毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎週1品ずつご紹介します。
教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子

12月24日のレシピは、お正月料理にピッタリな「海老の利休煮」です。

[この番組の画像一覧を見る]

まずは海老の下処理から

頭の付いた海老を使ってください。
今回は縁起のいい8尾で作ります。

まずは海老の処理です。
海老は塩水で洗って、ヒゲ切ってください。
足も短いところにそろえて切って、背腸を取ります。



たっぷりの熱湯の中にドボンとつけて、すぐ上げます。



すぐに冷水つけて、汚れをとり、水気をていねいに落とします。

海老の大きさに合わせた鍋を準備!

海老の大きさに合わせた平鍋を用意します。
なければフライパンでもできますよ。

平たいお鍋に調味料(酒 1/2カップ、砂糖50g、みりん1/4カップ、淡口醤油(大1)を入れて、中火で煮ます。

煮立ったら、練りゴマ 大2、生姜のうす切り 4~5枚を加えて、煮汁が半分くらいになるまで煮詰めます。

海老を『つ』の字に曲げて並べます

そこまで煮立ったら火を止めて、海老を「つ」の字に曲げて、この時煮汁をかけたり、ひっくり返したりしてください。



赤く艶っぽくなり、火が通ったら、火を止めて冷めるまで煮汁につけておきます。
冷めたら盛り付けて完成です。

殻まで食べたくなるおいしさ!?

桐生「ゴマ甘くて美味しい!」
関先生「そうなんですよ。」
桐生 「殻ごとたべたいですね!」
関先生「小さい海老なら殻ごと食べてもいいですね。」

余った煮汁に赤みそを加えれば、田楽や味噌おでんなどにも使えます。こちらもぜひ!

お正月の料理にもピッタリな一品です。
ぜひ作ってみてください。



〈材料〉4人分
海老(有頭) 8尾
※有頭の海老を使います。
 車海老、大正海老、ブラックタイガーなど
 重箱の大きさを考えて、海老のサイズを決めてください。

(A)
・酒    1/2カップ
・砂糖   50g
・みりん  1/4カップ
・淡口醤油 大1

(B)
・練りゴマ 大2
・生姜のうす切り 4~5枚

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2019年12月24日08時31分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報