多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

ロマンブルーを走る!「日本最西端与那国島一周マラソン大会」

日本は南北に長い国ですが、実は東西もかなり幅があります。
沖縄本島から西に石垣島、宮古島と続き、さらにその南西にあるのが、日本最西端の沖縄県・与那国島。

与那国島は沖縄本島からも500キロ以上離れていて、台湾まであと100キロほどというところに位置している島です。

11月9日(土)に、その与那国をぐるっと一周するマラソン大会が開催されます。

11月7日放送の『多田しげおの気分爽快!!~朝からP•O•N』では、「第27回日本最西端与那国島一周マラソン大会」を取り上げました。

台湾の方が近い!

与那国町役場企画財政課の杉本さんにお話を伺います。

日本の最西端にある与那国島。
石垣島よりも台湾の方が近いため、年に数回ははるか西の先に台湾の姿を拝むこともできます。

2度ほど台湾を見たことがあるという杉本さんによると、「ぼやーんと山並みのような感じ」なんだとか。

この日の日の出は、名古屋の6時18分に対して、与那国島は朝7時頃。
日の入りは、名古屋が17時前なのに対して、与那国島は18時頃。

このように日の出・日の入りの時間からも、与那国島がかなり西に位置しているということがわかります。

Dr.コトーのロケセット

マラソンのコースは、与那国中学校のグラウンドがスタート地点。
日の出が拝める東崎(あがりざき)という灯台から、馬や牛が放牧されている牧場地帯を抜けていきます。

その後、与那国島のシンボルである立神岩(たちがみいわ)を眺めながら、「ロマンブルー
」と呼ばれる青く美しい海に沿った道を、「日本最西端の碑」が建てられている、日が沈む西崎(いりざき)の方へ走るコースです。

途中、『Dr.コトー診療所』(フジテレビ系)のロケ地となった集落を抜けていきます。

原作は鹿児島県の下甑島(しもこしきじま)がモデルですが、ドラマの撮影は与那国島で行われました。

「ロケセットとして残っているので、観光に来られた際はご覧いただくことも可能です」と杉本さん。

西の最果てのロマンブルー

今回のマラソン大会の参加人数は620名。

参加者同士の交流の場として毎年恒例の「ふれあいパーティー」も用意されていて、このパーティーを楽しみに参加される方も多いんだそう。

今年で27回目を迎える「与那国島一周マラソン大会」では、初となる招待選手を迎えます。

その記念すべき招待選手は、公務員ランナーとして有名になり、今年、満を持してプロランナーに転向した川内優輝・侑子夫妻と聞いて、「挨拶で何をしゃべるんでしょうね、楽しみですね!」と多田しげおは興味津々。

「お天気も良さそうですよね」という多田に「こちらは気候もいいので、気持ちよく走っていただけると思います!」と杉本さん。

風が心地よく、お天気もよく、とても走りやすい気候の与那国島を一周する与那国島マラソン。

「青い海を見ながら、日本の最西端で島一周ですね」と、西の最果てのロマンブルーに思いを馳せる多田でした。
(minto)
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2019年11月07日08時18分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報