こどものピーマン嫌いが克服できる!親が注目のレシピ

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N / グルメ

こどもがピーマンを食べられなくて困っているという方は、必読というお話です。

『多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』の番組中盤、パーソナリティーが個人的にちょっと気になったことについて話しています。
8月29日の放送では、山内彩加アナウンサーがピーマンをおいしく食べられる方法を紹介しました。

ピーマン好きになるレシピとは?

野菜嫌いのこどもに対して、親はあの手この手を使って、何とか食べさせようと奮闘します。

特に嫌いな野菜で上位にランキングされるのが、ピーマン。独特の強い臭いが人気のない理由なのでしょうか。

ハンバーグに細かく刻んで、わからないように混ぜ込んだとしても、ご丁寧に1つ1つよけたりするなんてこともあります。

山内アナも小さい頃はピーマンが嫌いだったのですが、ある料理を食べたことがきっかけで、むしろ大好きになったのだそうです。

どんな料理なのかと言いますと、その名も「無限ピーマン」。

多田「"無限ピーマン?"どこまでも限りなくピーマン。つまり、ものすごーく細い、先っぽが2キロ先とか、そういうピーマン?」

そのようなギネス級の野菜ではなく、「無限に食べ続けられるぐらいおいしいピーマン料理」という意味から名付けたものです。

別に特別な品種のピーマンを使うということもありません。

多田「無限ビールとかね」

山内アナ「いいですね。それは私の家の状態ですね」

多田「そうですか。アカンでそれは(笑)」

思わず、山内アナの冷蔵庫事情が漏れ出てしまいました。

レシピのポイントは?

作り方はとっても簡単。ピーマンを縦に細切りで切ります。その後、電子レンジに入れて、2分ほど加熱。塩昆布を和えて、ごま油をかけると、できあがりです。

なお、この無限ピーマンですが、他にもツナや鶏ガラスープなど、さまざまな作り方があるそうです。

山内アナが実際に作った物を放送ブースに持ってきたのですが、ピーマンの独特の匂いがごま油で消されて、苦味が抑えられています。

そして、今回作ってきた料理のポイントは、ジャンボピーマンを使っているということ。

情報番組『チャント!』(CBCテレビ)でも27日に取りあげられたのですが、通常の2倍以上の大きさを持つピーマンで、肉厚で臭いが少なく、甘みがあるのが特徴。9月頃まで出荷されている物です。

このピーマンを使うと、さらにこどもでも食べやすくなるそうです。

大人になったら味覚も変わる?

ここで多田が、あらためて食べ物の好き嫌いについて語ります。

多田「ピーマンは確かにこどもは嫌いで、でもなぜか大人になったら大好きになるという人が多いという。こういうの他にもいっぱいありますね。柿とか。
だから、ピーマンもそういった物の1つだと思って、無理やりこどもの頃から食べさせなくても良いのかもよ。やがて変わるでしょうからね」

山内アナ「優しいですね~」

多田「そうですか?」

こどもに対して、焦って無理に一部の野菜を食べさせなくてもよいのではないかという意見の多田に対し、山内アナは「優しいおじいちゃんの一面が垣間見えました」と語っていました。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月29日08時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×