多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

名古屋人には当たり前!のアレ食べたさに観光客もやってくる?

地元の人からすれば当たり前の食べ物でも、他の地域の人からすれば十分旅行目的になることだってあり得ます。

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』では毎日、アシスタントが自ら気になる話題を取りあげていますが、5月21日の放送では、桐生順子名古屋のソウルフードともいうべき「スガキヤラーメン」について取りあげました。

名古屋人のソウルフード

Sugakiya(スガキヤ)は、名古屋を拠点に東海3件の他、近畿や北陸などで300店舗以上を展開するラーメンチェーン店で、ラーメンが一杯320円と、お求めやすい価格で食べられることで有名です。

昭和40年代からチェーン展開を行っており、小さい頃にラーメンと一緒にソフトクリームを食べた、という思い出を持つ方も多いのではないでしょうか。

そんな名古屋人にとっては当たり前のようにあるスガキヤのラーメンですが、東京に住む桐生の知人の方が名古屋に来た時、東京にはないので食べたいという話になり、桐生は何十年ぶりかに行ったそうです。
 

こんなフォーク見たことない!

そして、スガキヤに行きたかった理由の1つが、「ラーメンフォークがすごく珍しいので、使ってみたい」ということだったそうです。

ラーメンフォークとは、スープを飲んだり具をすくうためのスプーンの先に、麺を引っ掛ける短いフォークが付いているというもの。

昔、給食で使われていた先割れスプーンとも違う形(今の若い方はもう知らないと思いますが…)になっています。

ラーメンフォークは、桐生にとっては小さい頃からなじみがあるため、特に驚くことではありませんが、久しぶりに行って驚いたのは、そのラーメンフォークの形が変わっていたということだと言います。

どう変わっているのかと言いますと、以前は右きき用に3本のフォーク部分が偏って付いていた形だったのですが、今は中央に4本来ており、右きき、左きき両方に対応しています。
 

名古屋の観光人気が上昇した理由

ここで桐生は、なじみのあった物が新しくなったことに驚いただけではなく、このような細かいことでも観光目的になることに気付かされたと言います。

さまざまな番組で何度となく取りあげられてきた「観光地として人気がない問題」を抱える名古屋ですが、実はこの前の10連休では、かなり多くの観光客が名古屋を訪れました。

ただ、観光に訪れた理由は、「他の観光地では宿の予約が取れなかったから」や「今まで行ったことがなかったから」といった、消去法のようなもののようです。

しかし、実際に来てみた方からは、SNSなどで「来てみたら良いところだった」などの評判が広がっているそうです。

インバウンドの外国人観光客も、すでに日本に何回も訪れている方の中で、「大阪や京都にすでに行ったことがあるから、じゃあ次は名古屋で」と思う方も増えてくるかもしれません。

最後に桐生は、「実は小さなところに魅力が詰まっているということを私が実感したので、こういったことも広めていきたい」とまとめました。
(岡本)
 
多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2019年05月21日08時00分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報