決め手はジャガイモ!?ニラ煎餅って?

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N / グルメ
毎週火曜日の『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』「暮らしに鉄分」では、
料理研究家の関富子先生が淡口醤油を使ったレシピを、毎月1品ずつ紹介します。 

教えを受けるのは、アシスタントの桐生順子。5月7日のレシピは「ニラ煎餅」です。

ニラを使った煎餅!?

多田「ニラで煎餅ですか?」

桐生「いわゆる、ニラを使ったチヂミのようなお料理です。薄く薄く焼いていったニラのチヂミですね」

ニラって炒め物にしても、鍋に入れても、一度にたくさんは食べられないですよね。

そこで、今が旬のニラを混ぜた「ニラ煎餅」作ってみませんか?
おかずにもおつまみにもなるお料理です。関富子先生に教えてもらいました。

決め手はジャガイモ!

まず、ニラは一束用意して、3cm~4cmの長さに切ります。

あとは、お好み焼きの材料があれば、それを用意します。
例えば、干し海老とか、切りイカとか、青のり粉とかで大丈夫です。

関先生「ただ一つ、ここで用意して頂きたいのが、『ジャガイモ』です!」

桐生「ジャガイモを用意するんですか?」

関先生「ジャガイモの皮を剥いて、すりおろして、軽く絞ったジャガイモを入れることで、食感がウーンとアップするんですよ」

ジャガイモの準備が出来たら、薄力粉、片栗粉、卵と一緒に混ぜ合わせます。

この時、淡口醤油も一緒に入れます。この淡口醤油がいい隠し味になるんだそうです。

硬さを見ながら、お水も適宜加えて混ぜていきます。目安は大さじ2杯くらいです。

続いて、切ったニラ、干し海老、切りイカ、青のり粉を入れて、さらに混ぜていきます。

混ぜ合わせたら、フライパンにごま油をひいて、フライパンで焼きます。




この時、ちょっと焼けたなと思ったら、早めにひっくり返した方がいいそうです。
そうすると、生地が均等にいきわたるそうですよ。

食べる時は、何もつけなくても大丈夫ですが、淡口醤油と水を同量で混ぜ合わせて、付けダレを用意してもいいですよ。好みで七味唐辛子を入れて下さい。

桐生「ニラのすごくいい香りがします。色合いもいいですね。頂きます!」

一口パクっと食べると、「おいしい~!」。
ニラのシャキシャキ感がまだ生きているんです。
そして、ジャガイモも、効果を発揮しているようです。

桐生「生地がしっとりしてます。ジャガイモすごい!」

さらに、淡口醤油のほんのりした味が活きているから、何にも付けなくても大丈夫なんですね!

多田「おいしそうですね」

桐生「ジャガイモ入れると、モチモチしていて、粉っぽさもなくなるんです。入れると、入れないとでは、全然食感が違ってきますよ」

多田「ジャガイモ入れるのは、ひと手間ですが、このひと手間が決めてですね!」

今回、教えて頂いたニラ煎餅、何もつけなくても大丈夫ですが、付けダレもおいしいので、お好みで是非試してみて下さい!
 

材料

<材料>(4枚分)
・ニラ 1束
・お好み焼き素
 干し海老 大さじ4
 切りイカ 大さじ2
 青のり粉 大さじ1/3
・ジャガイモ 1/2個
・薄力粉 1/2カップ(50g)
・片栗粉 大さじ2
・卵(Mサイズ) 1個
・淡口醤油 大さじ1
・水 大さじ2位
・ごま油
 
(ふで)
 
この記事をradikoで聴く

2019年05月07日08時35分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×