多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N

お風呂に入って健康維持。熱で増えるヒートショックプロテインとは?

6月4日の『多田しげおの気分爽快‼︎』では「ヒートショックプロテイン」を取り上げました。

これはある特別な働きをするタンパク質の名前で、これがあると健康にいいんだそうです。
タンパク質ということは、私たちの身体の中で増やすことはできるんでしょうか?

ヒートショックプロテインとは?

ヒートは熱を指します。つまりヒートショックプロテインとは、言い換えれば「熱ショックタンパク質」となります。

今回は、株式会社バスクリンの石川泰弘さんに、このヒートショックプロテインについてお話を伺いました。石川さんは、スポーツ健康科学の博士であり、温泉入浴指導員という資格も持っています。

「ヒートショックプロテインとは、人間の身体の中にあるタンパク質なんですね。大きな役割としては傷んだ細胞、特にタンパク質を元の状態に修復してくれて細胞を元に戻してくれる。それと、痛みが酷くてもう治らないタンパク質を静かに殺して、新しいものを生み出してくれるタンパク質です」

傷んだ細胞を修復したり、免疫細胞の強化をする…つまり、自分の身体を元の状態に戻してくれるタンパク質です。

ヒートショックプロテインを増やすには

傷んだ身体を元に戻して、免疫力が高まるということは、ヒートショックプロテインが身体の中でどんどん増えればいいわけです。
どうすれば、このタンパク質は増えるんでしょうか?

「一番増えやすいのは熱ストレスを加えることなんですね。熱の刺激という形で、体温がぐっと上がってくると反応して、たくさん作り始めるんです」

ある意味、生体防御反応です。熱が上がりすぎると、非常に辛くなってきます。それを、元の健康な状態に戻そうとして、命を守るために出てくるタンパク質がヒートショックプロテインだそうです。

体温を何度まで上げればいいの?

ちょっと体温が上がればいいというものではなく、“ヒートショック”ですから、身体がストレスを感じるほど体温が上昇する時に、このタンパク質が生産されるわけです。
具体的には体温をどれぐらいあげればいいんでしょうか?

「1.5度~2度です。体温でいうと38度以上に上げるんですね」1~2度というと簡単そうですが、結果、体温が38度になるわけです。風邪で発熱してしんどい状態が38度ぐらいです。これは、かなり、きつそうです。

体温のあげ方

ヒートショックプロテインをたくさん作り出すために、38度まで体温を上げるには、具体的には日常生活で二つ方法があります。一つは有酸素運動。ジョギングとかウォーキングをして体温を上げます。

もう一つは、手っ取り早く体温を上げることができるのが入浴。昔から温浴療法もあり、お湯につかって体温を上げるのはやっぱり身体に良いんですね。しかし38度まで体温を上げるには、かなり気合を入れて入浴しないといけません。具体的な入浴方法は?

「まず、しっかり水を飲んで、水分を取ってください。お湯の温度は40度で、20分肩まで浸かります。そうすると体温が1.5度から2度近く上がってきます」

ポイントはここから。出た時に、まず冷たい水とかは飲まないこと。そのために最初に水をいっぱい飲んでおくわけです。そして、汗をいっぱいかいて、急に体温を下げないように30分ぐらい保温しておきます。

「我々の実験なんかではトレーナーを着たり、タオルで身体をしっかり巻いたりして、体温を下げないようにしておきました」

週1でOK

お風呂から上がった後、体温を落とさないことが大事で、夏でも厚着して30分保温するとはかなりつらいです。

「毎日やると、常に体温が上がってる状態が日常になってしまうので、ストレスを感じなくなってしまうんですね。ですので、多くて1週間に2回ぐらいですね」

1週間に1回でもいいそうです。

またヒートショックプロテインは、一度作られると1週間程度は体内に残るそうです。
ですから週に1回。2回なら3日、4日ぐらいに1回やればいいというわけです。

夏でもちゃんと入浴を

考えてみれば日本では古くから行われている湯治は、このヒートショックプロテインを増やす行為だったんですね。
これから梅雨に入って、暑い夏を迎えます。ついシャワーにしたくなるんですが…。

「シャワーでも身体の汚れ、例えば汗とかは綺麗になりますが体温が上がらないんですね。あと血液循環が良くならないところもあるので、やはり夏でもお湯に浸かるのは非常に大切なことなんです」と言う石川さんでした。

ヒートショックプロテインを作るためだけでなく、健康のためには、とにかく体温を上げることが大事なようです。
(尾関)

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
この記事をで聴く

2018年06月04日07時22分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報