星野元監督の追悼試合に喝!のスポーツ川柳

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N / スポーツ

オリンピックの余韻も残しつつ、プロ野球はオープン戦に突入しました。

3月5日放送の『多田しげおの気分爽快!!』、月曜は恒例の「久野誠のスポーツ川柳」。週末のスポーツをネタにした投稿コーナーで、選者と紹介はスポーツジャーナリストの久野誠です。

ドラゴンズに球春の訪れはまだまだ遠いのですが…

ピョンチャンロス


まずは、共感する人が多いであろうこの句から。

わたし今 ピョンチャンロスで 句が浮かばん

一方、まだまだ余韻を楽しむ人もいます。

行きたいな もぐもぐそだね いるところ(常呂)

ひな祭り 笑顔ほころぶ 五人カー女

ザキトワの 犬になりたい オヤジたち

久野「マサルという名前がついたそうですね、メスだそうですが」

羽生(はぶ)がとり 続けて羽生(はにゅう)も国民栄誉賞

ピョンチャンの メダルラッシュも 第二章

久野「9日からパラリンピックが始まります!」

レスリング界が大揉め


オリンピック4連覇を果たした女子レスリングの伊調馨選手が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを受けていたという告発状が、内閣府に出されていたことが発覚し、騒動となっています。

レスリング ハラスメントに イチョウ薬(伊調)

久野「今週は"イチョウ薬"が多かったです」

パワハラを 頭まるめて 謝罪する

「『馨、反省して頭丸めたよ』『監督、元々つるっぱげやんけ』と、こんな冗談を言えるような子弟関係に戻って欲しいです」とは作者の弁。

回文川柳


上から読んでも下から読んでも同じ回文川柳です。

・稲葉ジャパン二日連続の完封リレーに
稲葉来て 完全戦果 敵はない
(いなばきて かんぜんせんか てきはない)

・球春到来で
わいたちが たぎる春来た 勝ちたいわ
(わいたちが たぎるはるきた かちたいわ)

・J1に来て2連勝のグランパスに
来てすぐさ 勝った二つが 策すてき
(きてすぐさ かったふたつが さくすてき)
つかもうよ 君の頼み 今日も勝つ
(つかもうよ きみのたのみ きょうもかつ)

多田は「グランパス、見違えるように強いね」と感心します。

追悼試合と侍ジャパンと


追悼と ジャパンの試合で 湧く名古屋

3/3に星野仙一元監督の追悼試合と侍ジャパンの試合が名古屋ドームで開催されました。

ジャニーズを 彷彿とさせる 二公演

「ナゴヤドームで昼夜2公演できるのは、他にジャニーズくらいです」(作者)

久野「久しぶりにダブルヘッダーでした」

こんなにも 名古屋におるんだ 野球ファン

「3日の星野仙一さん追悼試合、侍ジャパン、4日のオープン戦、大勢の野球ファンで埋まっていました」(作者)

侍の この勢いを 東京へ

多田「東京オリンピックへ、ということですね」

侍ジャパンはオーストラリアとの対戦を2試合連続完封勝利で終えました。夢はもう東京オリンピックへ飛んでます。

新制度でおもしろくなる?


故意四球 初めて見たが 味気ない

「故意四球」とは、敬遠の時に申告すれば投球しなくてもいいというもの。今季から導入されました。

久野「侍ジャパンの試合でありましたね。掛布さんが解説で、次のバッターの間合いが難しいと言ってましたね」
多田「次のバッター、『あ、もう来たの』という感じ」

大ビジョン リクエストでも 役に立つ

久野「クロスプレイをスクリーンでも出してましたが、公式戦でもやるのかな。問題引き起こしそうですけど」
多田「結果が、あれ?違うやんとなった場合にね」
久野「地元に不利な場合はブーイングですね」
多田「でも、そのくらいしてこそサービスかな」

追悼試合に喝!


満員に 慣れてないのよ ドラナイン

久野「あがってたのかな(苦笑)」

五輪後の 余韻を打ち消す 負けっぷり

多田「いいね、それ」

目が覚めるような負け方なのでしょうか。

なにやっとんじゃ ファンにも聞こえた 仙の声

多田「追悼試合でしたからね」

星野仙一元監督の追悼試合で、ドラゴンズはいいところなく2-9で楽天に敗れました。

再確認 今でもスター 仙一や(千一夜)

1959年(昭和34年)から81年(昭和56年)まで放送されたトーク番組『スター千一夜』(フジテレビ)にひっかけた句です。

多田「みんな知らんやろ、オレ、毎日見てた」

言い聞かせ 気にせん(仙) 気にせん(仙) オープン戦

失点が めちゃくちゃ多いの 知ってんの(失点)

久野「オープン戦、26失点です」
多田「確かに打たれすぎですね」

魅力的な選手を探せ!


今週のダイスケの通信簿です。

大介あかん 大輔まあまあ 大輔よし

「6失点の山井大介あかん、2失点の松坂大輔まあまあ、無失点の祖父江大輔よし」(作者)

多田「松坂どうだろうね。今シーズン、結構いける?」
久野「森監督、最初から開幕のローテーションには入らないくらいの構え方のようですね」

足運ぶ あなたの姿が 見たいから

久野「ドラゴンズにもこういう魅力的な選手がたくさんいて欲しいということですね」

今週のMVPは次の一句です。
なにやっとんじゃ ファンにも聞こえた 仙の声

まだプロ野球は始まったばかりです。ペナントレースに向けて、テンションをあげていきましょう。
(みず)
この記事をradikoで聴く

2018年03月05日08時15分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×