中島ヨシキのフブラジ

声優・高坂知也の"フェアリー"な声に隠された秘密、中島ヨシキが暴く!?

女性のように華やかで特徴的な声色を持ち、"フェアリー"と呼ばれファンから親しまれている声優の高坂知也さん。
『ガンダムビルドファイターズトライ』(テレビ東京系)のシキ・カズヤ役、『あんさんぶるスターズ!』の紫之創役などで知られています。

実は高坂さん、自身の"フェアリー"声に悩んでいるそうで、不便のないように擬態して生活しているとか。
10月26日放送の『中島ヨシキのブブラジ』では、高坂さんの普段の表情や陰ながらの苦労などについて、中島ヨシキが聞きました。

普段は”擬態”している高坂知也

中島が「男の子で高い声だと、何か言われた?」と高坂さんに学生時代の苦労について聞きました。

高坂「しゃべるたびにみんな振り返るのが結構トラウマだったりするよね」
中島「今もあるだろうね。今の方がありそうだけどね」

中島が笑いながらも心配していると、「いろんなところで言ってるけど、普段は擬態してるから!」と高坂さんは自信に満ちた答え。
周囲に溶け込んで生きているため、この声はバレていないと明かします。

中島「もうちょっと低い声でしゃべってたりするの?」
高坂「普通にしゃべってる」

そう語った高坂さんの声が先程とは真逆に!
「びっくりした!違う人出て来た!」と驚く中島。

やはり高い声のままだと「やっぱりバレるじゃん?嫌じゃん?セブンイレブンで”からあげ棒”とか買えなくなるから」ということ。
可愛い声でも見えない不自由さがあるそうで、ひと知れぬ苦労が忍ばれます。
それにしても、いい声の方は可愛い声もかっこいい声も両方出せるのだな、と思わず感心してしまう場面でした。

声優を目指したきっかけ

また、声優を目指したきっかけを高坂さんに問うと、

高坂「声がこんなだったじゃん?だからコンプレックスだったんだけど、なんか活かせる職業がいいなぁって。友だちに『声優とかどう?』って言ってもらったのが(きっかけ)」
中島「やっぱ多いよね、そういう人」

との答え。番組内で声優になったきっかけを尋ねると、「自分の声が嫌いで」という人が結構いると中島もうなづきます。

高坂「どうしても変な声の場合が多いじゃない?」
中島「特徴的な声の人多いから」
高坂「自分の声、好きになるのに時間かかったって話よく聞くよね」
中島「でも結果、それが武器になってる」

一見華やかに見える声優の世界も、志して入って来る人の中にはコンプレックスがきっかけの人も多いのだそう。高坂さんもその一人で、女性のような可愛いらしい声をからかわれたこともあったと言います。
でも中島の「それが武器になる」という言葉に高坂さんは「ありがたいこと」と語っていました。

パチンコ玉が体を通った話!

続いて「人生で一番古い思い出は?」との質問。
高坂さんは「パチンコ玉を飲んじゃって病院まで行って『自然に出てきますよ』って言われて、出てきたのを確認したこと」と衝撃的な答えが!

中島「パチンコ玉がケツから出てきた話。パチンコ玉ってなんでたまに家の隅っこに落ちてるんだろうね?」
高坂「本当にね。うっかり飲んじゃうから気をつけて欲しい」

世のお父さんお母さんに注意喚起をうながします。

自宅にパチンコ玉があるってことは、お父さんがパチンコをするの?と訝る中島。

高坂「全然そういう覚えないけど打ってたんだろうねぇ、少し。(自分は)ギャンブルはちょっとねぇ」

"フェアリー"と呼ばれ、天真爛漫なイメージの高坂さん。
ギャンブルに抵抗感を見せた堅実な一面が中島の笑いを誘います。
フェアリー高坂さんのおかげか、中島もつられてとても明るくテンションの高かった今週のやり取りでした。
(nachtm)
 
中島ヨシキのフブラジ
この記事をで聴く

2019年10月27日00時45分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報